カーリースとは

3万件見てきたプロが本当のカーリースのデメリットを公開します!

カーリースのデメリットを探しているあなた!

ほんとうは、デメリットなんてないほうがいいですよね。
でも、あるなら、知らないで損するのは嫌!

  • 割高って聞いたけど実際どうなの?
  • ローンより損するってほんと?
  • 業者が儲かるだけって聞いたけどどうなの?

答えを先にのせておきます。

カーリースのデメリットとは・・・
”引っ越す時の修繕費みたいなもの”

もっと詳しく知りたいですか?
では、年間30,000台を超えるリース契約に携わっているカーリースのプロ。
私、Dr.カーリースが、実際のところを徹底解説します!

先に知っておきたい、リースに向いていないのはこんな人

先にハッキリさせておきましょう!
カーリースには残念ながら向いていない人がいます。

  • 車はステータスだと思っている人
  • カーナビやライトを改造してカッコよくしたい人
  • 常に最新のものを持っておきたい人

当てはまる人は回れ右、この先をみていても意味がありません。

なぜなら、あなたはカーリースに向いていないからです。

逆に、次に当てはまるひとには、この記事に役に立つ情報が書かれています。

  • 車は移動手段
  • 安全に、でも手軽に乗りたい
  • できるだけ長く乗りたい

カーリースは、手軽に新車に乗れるいいサービスですが、デメリットがあります。
しっかり確認して、自分に合うかを確認してみましょう。

[基礎知識]カーリース、個人向けでも所有権はリース会社の物!

リースとは、リース会社から長期で車を借りるサービスのことです。

新車でも中古車でも、税金、車検代を含んだコミコミ価格で、1年~7年間、車に乗れるのが特徴です。

期間中はず~っと一定の支払なので、うっかり税金の時期にお金がなくって、貯金を崩したり、生活を切り詰める必要がありません。

ただ、契約期間中はあくまで車を所有しているのは、リース会社。

リース会社から、あなたは車をレンタルしている状態なのです。

つまり、契約終了と同時に、車をリース会社に返却しなければなりません。

リース車両を自分の車にするのは、おすすめしません

POINT: リースの7割は乗り換え

「長期間毎月お金払ってるのに、最後は自分のものにならないの?」

手続きを踏めば、自分のものにすることもできますが、あまりおすすめしません

カーリースは契約終了に、下取りできる価格を最初から値引きしています。

つまり、自分のものにするには、この下取り価格をあなたが負担する必要があります

下取り価格が出ないように、調整することもできますが、その分、毎月の利用料は上がってしまいます。

「じゃあ、返す予定なら、その分は安く乗れるってこと?」

そういうことですね!
私がおすすめしているのは、返却して、次の新しい車に乗り換える方法です。

損せず、安全に乗り続けるには乗り換えがベスト!

リース契約は5年〜7年間がいちばん多いので、新車で乗り始めても終了時には型落ち品になっている可能性が高いです。

そうなれば、サポートは終了しているでしょうし、修理費も車検も高くなります

技術も燃費もどんどん向上していきますから、期間が終了したら、新しい車に乗り換えるほうが、経済的で安全と言えるんです。

車両返却時に違約金が発生するかも!?

いざ、契約終了になったとき、車を返却する場合には、違約金に気をつけたいです。

ペナルティ一覧

  • 故意のキズ・凹み
  • 年間走行距離の過走行

リースカーは大きな傷をつけたら違約金!

POINT: 小さな傷はOK

レンタカー同様、借りている車ですから、キズや凹みがあれば違約金を取られてしまいます。

細かなキズは、仕方がないとされていますので、過敏になる必要はありません。

ですが、事故でのキズ、凹み、ぶつけてしまったキズ、凹みについては違約金を取られる可能性があるので注意が必要です。

キズを黙っていた場合は、リース会社に修理費用を取られてしまいます。

自分で修理屋にだしたほうが、安くすむ場合もありますから、事前にリース会社と処理を相談しておくといいですね!

申告していた距離をオーバーしたら違約金

リースカーは、1か月にどのくらい車で走るかを、契約時に自己申告します。

そして、契約終了後に、1か月あたりの走行距離が、申告よりオーバーしていると、過走行分の違約金が発生します。

この走行距離については、自己申告ということもあり、トラブルになりやすいので注意してくださいね。

POINT: トラブルになりやすい理由
実は、この走行距離が短ければ月々のリース料が安くなります。
逆に、走行距離が長ければリース料が高くなります。
それを知っている一部のお客さんが、リース料を安くしたいために、あえて走行距離を少なく申告したものの、最後に違約金を取られてしまい、トラブルになっています。

ペナルティになる距離の計算方法はコチラ

契約中に走った総距離÷契約期間 > 申告距離

申告距離よりオーバーしていれば、違約金発生です。

計算は総走行距離なので、あまり運転しない月や、年があるなら、走行距離を調整してやりすごすのも手です。

それが難しく、オーバーしてしまう場合は、黙っているより、リース会社に報告してしまいましょう。

走行距離はごまかせないので、正しく契約内容を変更したほうが、安上がりになる可能性が高いです。

距離オーバーの詳しい記事はコチラ。

あわせて読みたい
コスモマイカーリース解約!かかるお金と手順は?コスモスマートビークル、ちょっと気になるけど、解約はどんな感じなの?この記事では、特にかかるお金と手順について解説しています。真剣に検討するなら、不安は事前に解消しておきましょう!...

リース会社も、トラブルは人件費がかかるので面倒なものです。

あなたが「こんな使いかたを考えています」と最初に伝えてくれれば、トラブルがないように、適切な年間走行距離を算出してくれますので、相談してみてくださいね!

途中で解約するには解約料を払う必要がある

カーリースは無料での中途解約ができません!

車が事故で全損してしまう場合も含め、途中の契約解除には違約金がかかります。

POINT: イメージはスマホの中途解約

全損時の違約金を回避するには、任意保険をつけることです。
5年~7年の長期契約が用意されている保険会社なら、月々のリース利用料に保険料を含めることもできます。

その際に、『リース車両費用特約』をつけることで、もしものときに備えることができます!

詳しくはコチラでまとめています。

あわせて読みたい
【カーリース】自動車保険をかけなかった人の末路が怖すぎる件知っていますか? 自動車保険(任意)に加入している人は、自動車を保有している人の実に90%だそうです。 (参考:自動車保険・自動車共...

保険商品はデリケートなものです
かならずリース会社や保険会社に確認をとり
納得した上で契約しましょう!

まとめ

カーリースのデメリットについてまとめました。

多くは、契約終了時におこるトラブルがデメリットになっています。
あらためておさらいしておきましょう!

カーリースのデメリット

  • そもそもカーリースに向かない人がいる
  • 車両値引きのせいで、乗り換えのほうが有利
  • 大きなキズは黙っていると修理費をとられる
  • 走行距離は放置していると違約金がかかる
  • 無料で解約することができない

賃貸から出ていくとき、汚く使っていると修繕費をいろいろと請求されてしまう。
もしくは、スマホの分割払いを途中で解約して一気に請求される。

カーリースのデメリットってそんなイメージです。

でもこれって、もう当たり前の契約になってきていますよね。
あなたも、まったく経験のない契約ではないはず。

結局は、カーリースってものすごく便利なのです。
だって、頭金なし、月々定額だけでほとんどお任せできるわけですから。

今は、10人に1人が、すでにカーリースをはじめています
今後、6年以内に、3人に1人がカーリースをはじめるそうです

あなたは、いつはじめますか?
たぶん、今、はじめる時です。

あわせて読みたい
業界人が語る!コスモスマートビークルが選ばれている納得の理由突然ですが、あなたが自動車を選ぶポイントはどこですか? みんなの自動車選び…ポイントは? 「やっぱりカッコいいデザイ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です