スマートビークル

[納得保証!]コスモマイカーリースのデメリットをプロが徹底解説

レンタカーやカーシェアでいままでは良かったけど、生活も変わって、そろそろマイカーがほしくなった。

もしくは、最初だからと型落ち品や、親から譲り受けた自動車にずっと乗っていたけど、維持費でお財布事情も厳しいし、今より燃費のいい車にのりかえたほうが、実はお得なんじゃないだろうか…。

多くの人が、そんな理由からカーリースを検討しています。そして、2017年には新車を購入した人の10人に1人が、リースでのカーラーライフをはじめました。
日本自動車リース協会連合会「新車販売に占めるリース車比率」より

すでにカーリースをはじめている人、特に「コスモスマートビークル」を選んだ人は、頭金もなし、5年~7年間は税金や車検の心配もなく、むしろ普通より、ちょっと上質なカーライフを送っています。

しかし、コスモスマートビークルにもいくつかのデメリットがあります。それなのに、なぜ多くの人たちが、コスモ石油でカーリースをはじめたのでしょうか?

答えはかんたん!じつは、多くのデメリットがあらかじめわかっていれば、問題ない、もしくは回避できるものだからです。

あなたも、この記事さえ読んでおけば、5年~7年は自動車税の心配もなく、車検はサッと決まったところに預けるだけ。しかも、メンテナンスサービスも充実した、トレンドのカーライフを100%使いこなすことができますよ。

 

知らなかったでは済まされない!スマートビークルのデメリット

知らなかったでは済まされない。逆に言えば、知ってさえいればどうにかなるのがスマートビークルのデメリットです。

たった2つの、重要なポイントさえ押さえておくだけでので、安心してくださいね。

スマートビークルで損をした人に共通する〇〇

実は、コスモ石油でカーリースを利用して損した経験がある人にはある共通点があります。一覧にしてみましたので、まずは見てください。

実録!損をした人はこんな人!

  • 爪がひっかかるほどのキズをつけたのに黙っていた
  • 接触事故で凹みができたのに黙っていた
  • 黙って、後付のカーナビや、ホイールの履き替えをした
  • 違法な改造をした
  • 車内をタバコ、たべものやジュースでめちゃくちゃ汚した

共通点、見つかりましたか?そう、大きなキズや凹み、汚れを放置していたり、無断で改造やドレスアップをしていた、ということです。この場合、契約終了時に原状回復費用を請求されてしまい、損をしてしまったということです。

ですが、そこまで神経質になる必要はありません!小石程度の傷がついてしまったり、経年劣化で仕方がない部分まで請求されることはありませんので、普通に利用していれば、契約終了時に余計な費用を取られることはないのですから。

コスモ石油のような大きな会社で、なんでもかんでも請求されることはない!

 

契約終了時にトラブルになる人は、契約時に〇〇をしている

そのほか、契約終了時にトラブルになりやすいのが、過走行による違約金の発生です。

それってどんな違約金?という詳細についてはコチラの記事でまとめています。

そもそも、なぜこのようなトラブルが起きてしまうのでしょうか。理由は1つで、リース代金(月々の利用料)を低く抑えるために、予定走行距離を少なく申告していたからです。

月々のリース料は、走る距離が少なければ少ないほど、車の価値が下がりにくい、ということで月々の金額を値引きをしてくれるのです。しかも、自己申告なので「近くのスーパーに週末いくくらいです~」と言っておいて、バリバリ通勤や旅行に使う、なんてこともできてしまいます。

これを悪用したつもりで、メーターを最後に確認され、無慈悲にも違約金を請求されてしまうというトラブルが後を絶ちません。これ、モラルの問題ですよね。

契約時に自動車をどんなつかいかたをするか、しっかり伝えておけば、リース会社も適切な距離は提案してくれるので、98%の人はオーバーすることがありません。もし過走行気味だなと思ったら、利用を制限する(1か月は土日の遠征を控えるなど)。それでも難しい場合は、リース会社と打ち合わせをして対策をとるなどしておけば、回避できるトラブルですので、覚えておきましょう。

利用シーンをしっかり伝えるだけで違約金は回避できる!

 

スマートビークルを実際に利用した人だけが知っている、実はデメリットではないこと

そのほか、ネットで調べていると「これはリースのデメリットだ!」と言われていることがあります。中でも多いのはこの2つ。

  1. コスモスマートビークルは契約が終わっても自分の車にならない!
  2. コスモスマートビークルは金利が高い!リースは損!

この2つ、嘘ではないのですが、デメリットというにはちょっと乱暴だと私は思います。まるで「スマホは分割払いより、一括払いのほうが安い!携帯会社が儲けるためにやっている悪徳商法だ!」と言っている感じです。

あなたが「その通りだ!」と思うなら、リース契約は合わないと思いますので、現金一括払いの購入をおすすめします。逆にあなたが「新車を一括で買うお金なんかないし、便利に使えて月々が予算内なら別にいいよ」という方なら、リース契約に向いていると言えます。

実は、最後に車を買い取る人は10%未満

契約の最後に自動車を自分のものにしたい理由は「これ以上、車代を払いたくない」ということだと思います。自分のものにしてしまうことで、毎月かかる費用を節約できる、という話ですね。そうした心理から、リース終了後の車を、買い取って、乗り続ける人たちもいます。

しかし、カーリースに5年~7年乗った人が、そのまま車に乗り続ける確率って実は10%くらいなんです。理由はいくつかありますが、ランキングにしてみました。

車を買い取らず、のりかえた人の理由

  • 第1位:新車に乗り換えたほうが燃費がいいから
  • 第2位:車検やメンテナンスサービスを引き続き受けたいから
  • 第3位:いまの車に飽きたから

たしかに、自分の車にすることで毎月の本体代の支払はなくなります。しかし、日々のガソリン代はかかってきますよね。燃費は年々向上していますから、乗り続けるよりは新車にするほうがガソリン代は安くすみます。なんせ、いままで乗っていた車は、5年~7年も前の車ですからね。つまり、のりかえたほうが家計が助かるパターンが多いんです。

また、最近ではガソリン車以外の自動車もかなり増えてきています。もしかすると、5年後には世界的にもガソリンは高騰、水素エネルギーが定番になっていたりする場合もあります。そうなったときに、お得に乗れる選択肢は残しておきたいですよね。

ちなみに、買い取った車は車検代は年々高くなっていきますし、維持費は新車よりぜったいに高くついてきます。

たしかに、カーリースでのりかえをした場合は、再びリース料が毎月かかります。しかし、自分の車にした場合だって、日々かかるコストはあるんです。所有できない=デメリットではなく、安全に、お得にのり続けるために手軽に乗り換えられる。というのが、プロである私の意見です。

金利を払うか、頭金を払うか、それが問題だ・・・

正直に言います。車を購入するときに必要な頭金の30~100万が用意できるのであれば、コスモスマートビークルの金利を払うのは損です。

ただ、その頭金の用意がむずかしくて、カーリースを検討している人は多いんです。たしかに、マイカーリースの金利は7~10%と少しお高めですが、頭金0円、税金も車検もお任せできる。そんなサービスの手数料だと思えば妥当ではないでしょうか。

ちなみに、リースの金利がお高めな理由はコチラでまとめています。

 

年収〇〇〇万円までなら、カーリースが良い理由

カーリースをはじめている人たちの年収の多くは500万円以下です。理由は、それを超えている場合は、一括、もしくは銀行から超低金利でローンを借りることができるから。しかし、2017年のサラリーマンの平均年収が418万円です。そうなると、多くの人はローンで借りるのにも苦労する可能性があるということ。カーリースはスマホの分割払い審査程度の難易度で手軽に新車に乗り始められますから、選ぶ人がどんどん増えているのも納得です。

ちなみに、そのほかにも年収500万円までのかたは、カーリースにするほうが今後の資金計画で有利になる可能性があるので、それもご紹介しておきます。

カーリースは借金にならない

カーリースというのは、リース会社から車を借りている状態です。なので、支払っているお金はあくまでも利用料であり、ローンの返済ではありません。じつは、そこにあなたの今後の人生にかかわるメリットがあるんです。

銀行ローンでも、ディーラーローンでも、お金を借りる場合は借入金ということで、借金の扱いになっています。あなたも、家を買う、こどもが大学に通うなど、大きなイベントでお金を借りるシーンが今後あると思います。

そんなとき、貸す銀行側には「この人の年収なら〇〇万円まで貸してもOK」という枠を設けている場合が多いです。そうなると、家を購入したいときに車のローンがある人と、ない人、どちらがより多く貸してもらえるかは、想像ができるはず。

大きな重要なイベントのときに、足を引っ張ってしまうかもしれないオートローンをどう考えるか。1万円でも多く借りたいのであれば、リース契約のほうが都合がつきやすい可能性があります。

毎月の資金計画がたてやすい


出典:大和リース㈱

カーリースは、車の安全を維持するメンテナンスの部分だけじゃなく、5年~7年は毎月の支払が一定なので「お金の管理」もかんたんなんです。

車は現金一括購入がお得だ!と購入して、その後にかかるガソリン代やメンテナンス費用で資金が回らなくなり、最悪車を手放すなんてパターンもあります。これが、世帯年収700万とか、800万なら問題ないかもしれませんけどね。

突然の出費って、ほんとうに準備してないときに限って発生しますし、かなり振り回されちゃうこともあります。カーリースであれば、頭金すらいりませんから、貯金を崩す必要はありません。家計費としても、固定費が増えるだけなので、毎月の資金計画が突然狂うことがないのは、とても助かりますよね。

 

まとめ

最後に、あらためてこの記事についてまとめておきます。

この記事のまとめ
  • 普通の利用ではつかないキズ、凹み、汚れは原状回復費がかかる。
  • 申告していたより多く走った場合は過走行分の違約金がかかる。
  • 長くのって買取るより、新車にのりかえたほうが得。
  • まとまった頭金を払うより、初期費用0円がいいですよね。
  • 年収500万円までならカーリースのほうが家計が助かる。

振り返ってみて、どうでだったでしょうか。なんとなくでも、多くの人がカーリースにのりかえ始めている理由が見えたとしたらうれしいです。

もうすこし具体的に検討していた人は、まずは「コスモスマートビークル<公式>」の無料見積もりをおすすめします。

無料見積もりをすると、その後の特典としてカーライフコンシェルジュというコンサルタントから、あなただけのカーライフプランのアドバイスを受けることができます(これも無料特典)。

最大限にいい選択をするためには、多くの時間は必要ありません。たった5分間、あなたのプランと向き合うだけで、今後のカーライフは劇的に変化しますよ!

POINT:コスモスマートビークルの初回申込は仮申込・審査となります。正式申込は担当者と打ち合わせ後となります。正式申込までの費用は一切かかりません。

 

おすすめの関連記事

あなたは大丈夫?事前にしっておきたい審査内容
[事情通が暴露]カーリース審査の難易度は○○○払いくらい

Dr.カーリース一押しのリース会社
プロの直言!損しないリースはコスモスマートビークルを活用せよ

プロ目線で本当の優良リース会社を限定公開
[ブログ限定公開]プロお墨付き、優良カーリースを3つだけ紹介

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です