キズをつけたらどうしよう?を解決するプランついに登場
自動車保険

【カーリース】自動車保険をかけなかった人の末路が怖すぎる件

あなたは、50,000台以上売れているカーリースを知っていますか?

コスモスマートビークルが選ばれ続ける本当の理由

知っていますか?
自動車保険(任意)に加入している人は、自動車を保有している人の実に90%だそうです。(参考:自動車保険・自動車共済の加入率は何%? 三井ダイレクト損保)

カーリースについてだけ見るともう少し加入率は高いかもしれません。

というのも、カーリースは全損事故だったとしても、契約終了時に車代金をリース会社へ支払う必要があるからです!

事故に遭ったのに、お金まで取られるの!?

と思いますよね。でも、それくらい、カーリースを利用する場合、自動車保険は必須レベルなんです!

こちらのページでは、カーリース利用者が自動車保険加入に殺到している理由。むしろ、入っていないとこんなにヤバいよ!っていうことを、わかりやすく紹介します。

 

リース車両のキズ凹み・・・請求されちゃう?

最大18万円!業界唯一のキズ凹みOKのカーリースはコチラ 

【基礎知識】自賠責保険と任意保険の違いとは

あなたは、『自動車保険(任意)』の(任意)とは何か、知っていますか?

任意保険とも呼ばれるのですが、強制保険ではカバーしきれない保障を、自分に必要な分だけ保険をかけることをそう呼んでいます。

強制保険というのは、法律で加入することを義務付けられている保険のことで、『自賠責保険』と呼びます。

強制保険は、あなたが車で事故を起こした際、相手に怪我をさせてしまった場合に保障を受けることができるものです。

しかし、強制保険はあくまでも相手(人)に対して効果のある保険。
壊れた車やモノに対する支払いは自己負担になってしまいます。

そこで『自賠責保険』の限度額を超えた相手への保障や、自分と相手の壊れた車の修理費用、壊してしまったモノの弁償など。

車の事故で発生する様々なお金の問題を保障するためにかけておく保険が『自動車保険(任意)』です。

 

カーリースの自動車保険(任意)加入が殺到する理由

では、なぜカーリースを利用する場合は自動車保険が必須なのでしょうか。

理由は2つあります。

  • 修理費用は自己負担
  • 全損でも違約金、精算金が発生する

修理費用は自己負担

カーリースとは車をリース会社から借りている状態です。

最終的には返却することが前提なので、故障や事故のキズを放置したまま返却すると、リース会社から修理費用を請求されてしまいます。

そうしたリスクを回避するために、リース車両の修理費用に使える車両保険を付けて費用を保障しておく必要があります。

全損でも違約金、精算金が発生する

あたなが事故に遭った、もしくは起こしてしまった時、カーリースの車が全損してしまうこともあります。

その際、リースは強制解除となり、本来払うはずだった残りの金額を一括で請求されてしまいます。

たとえ相手が悪くても、カーリースの支払い義務は、あなたにあります

トラブル回避の意味でも、リースの車が全損した時の保障を任意保険で付けておきたいですね。

ローンなど車を自分で購入した場合は最悪廃車にしてしまえば終わる話かもしれません。

しかし、カーリースの場合は必ず返却、精算が発生しますので不測の事態に備えた保険をかけておくことが必要になります。

自動車の事故は自分のせいだけではなく巻き込まれてしまう場合もあります。そんなときに自分だけが損しないように適切な保険をかけておきたいですね。

 

カーリースで自動車保険をかけていないのはヤバい?

(任意)保険なので、かけるか、かけないかはあなたの自由です。

しかし、事故は自分がおこすだけじゃなく、巻き込まれてしまう場合もあります。
そんな時、精神的にもストレスなのに、車代金まで払えなんて…そなえがなければショックでどうにかなってしまうかもしれません。

でも、リース=借り物なので、リース会社もあなたに請求するしかないのです。

そのためにも、任意保険はかけたほうがいいですし、保険屋さんにも「カーリースで使う保険なので、よろしくお願いしますね」と乗り換え時に相談しておくのがベスト!

 

最大7年、リースも保険料も変動しない裏ワザ!

普通、自動車保険は通常一年、もしくは三年で契約の更新を行います。

あなたも、おそらく毎年封書やはがきで更新のお知らせがきていますよね。

更新があるたびに料金が上がったり下がったり、毎年金額を言い渡されるのは、なんだかストレスだと思いませんか?

「かといって、別の会社に乗り換えも面倒だし、しかも、ともだちの付き合いで契約しちゃったし…解約し辛いなぁ」

なんてことが!実はカーリースでは回避することができるんです!!

その方法とは、カーリースの月々の利用料に自動車保険を組み込む、です!

たとえば、カーリースを5年間で契約し、そこに自動車保険を含めた場合で見てみましょう。

カーリース料(5年間):

180万(車両代金) ÷ 60ヶ月(5年) = ¥30,000(月々の利用料)

保険料(5年分):

50万円(保険料) ÷ 60ヶ月(5年) = ¥8,300(月々の保険料)

月々の利用料合計: ¥38,300

カーリースの場合は、税金、車検代、メンテナンス費用(プランにより)が元々含まれていますが、そこに、保険代金も含めることができるんです!

しかも、5年間継続して契約するため、保険料も割引が適応され、通常よりもお得な金額で加入することができます。

つまり、カーリースに保険を含めておくと、5年間ずっとお得な保険料のまま、車に乗り続けることができます!!

しかもしかも!!契約期間中は保険料の更新手続きも一切なし!

さらに!!
もし、事故や故障で保険を使う場合も、乗り続けている間は等級も変化しません!

※補足説明

どの保険会社であればカーリースに含めることができるかは、リース会社ごとに異なるようです。また、ネットでは対応していない場合がほとんどなので、各リース会社へメールまたは電話で問い合わせください。

 

裏ワザの補足情報

自動車保険料の割引、割増制度

自動車保険には1~20の等級と呼ばれる割引サービスがあります。

かんたんに説明すると、最初は6から始まり、事故がなければ次の年に7、また次の年には8と等級が上がっていきます。

上がるたびに事故のない安全運転の人だと評価され、その分保険料も下がっていきます

逆に、事故をおこした場合は6が5、4と下がっていき、保険料は上がっていきます。

カーリースに任意保険を含める場合は、契約期間中、この等級の上下がありません。

事故をおこしても、等級が下がらないので、保険料は上がりませんし、逆に等級が上がることもないので保険料が安くなることもありません。

つ・ま・り!!
契約期間中は、支払は常に一定なので管理しやすいですし、毎年自動車保険の更新のことで、悩まされることもなくなるということ!!

等級の引き継ぎも可能

もし、最高ランクの20等級を持っている方であれば、かなりの割引を受けたまま、5年や7年もの間、事故が起きても同じ料金で利用することができるのも、カーリースに保険を含めるメリットです。

ここで注意!

等級は引き継げても、保険会社は、引き継ぐことはできないかもしれませんので要確認!!

というのも、長期の保険契約ができるのは『代理店型損害保険会社』だけなんです。
『通販型格安保険』では長期契約ができません。
(参考:通販型(ダイレクト)と代理店型の自動車保険の違い チューリッヒ保険会社)

つまり、カーリースに含められる保険会社は限られているということになります。
では、どの保険会社なら長期契約が可能なのでしょうか。

カーリース専用保険がある保険会社
  • 損保ジャパン日本興亜
  • 東京海上日動火災海上保険
  • あいおいニッセイ同和損害保険
  • 三井住友海上火災保険
  • AIG損害保険(旧:富士火災)
  • 大同火災海上保険

以上が、代理店型の保険会社として、カーリースに含む場合の長期契約を提供しているようです。

あなたが現在使っている保険会社で、長期契約を提供していない場合、上記のような保険会社への乗り換えが必要になってきます。

また、リース会社によっては契約が可能な保険会社が異なるようです。

コスモスマートビークルであれば、いくつか提携しているリース会社があるようですから、あなたの都合に合った保険会社での契約も相談に乗ってくれますよ!!

全損特約は絶対につけよう

もし、あなたが事故に遭ってしまったとき、自動車保険に加入しておけば安心!というわけではありません。

ここで重要なのが『車両保険』『全損時特約』です。

もし、カーリースで全損になった場合は、『中途解約』扱いになり、期間中に払うはずだった残りの金額をあたなが一括精算しなければなりません。

その費用を保障するのが『車両保険』です。

実は、普通に車を購入した方については、この車両保険をつけているかたは50%もいないそうです。

理由は保険料が高くなるから。

高くなるのはカーリースでもかわりませんが、事故のせいなのに、あなたが100万円単位で精算しなければならないリスクを考えれば必須の保障だと思います!

また、解約時にかかるリース会社への違約金等諸費用については別途『リースカーの車両費用特約』をつけることで、もしもの時もあなたが負担する金額を限りなくゼロに近づけることも可能です!

 

契約途中からでも自動車保険をつけることはできるの?

答えはYESです。

ただし、月々のリース料に含めることはできません。含めることができるタイミングは最初の契約時のみです。なので、通常の自動車とおなじく、毎年もしくは3年程度での契約更新が必要になります。

実は、カーリースを契約する際に、どうにもピンと来なくて任意保険はつかなかった、という人は意外と多いです。

しかし、運転しているとヒヤリハットになることもあります。そんな時、カーリースでは契約途中からでも任意保険に加入できるようになっているんです。
※ヒヤリハット:事故を起こしそうになってひやりとした、ハッとして事故を回避できたこと

その場合も、保険屋さんには「カーリースで使う保険なので、よろしくお願いしますね」と伝えておくとスムーズですよ。

この場合は、リース会社へ報告する必要はありません。あくまでも、あなたが使っている車に個人的に保険をかけることになります。

 

【裏事情】リース会社が自動車保険を積極的にアピールしない理由

こんなに必須級なのに、なぜリース会社は任意保険を含めるのをアピールしないのでしょうか?

実は、自動車保険はリース会社からするとメリットがすくなく、カーリースに自動車保険を組み込めることを大きく宣伝するメリットがないのです。

リース会社的には儲からず、しかも任意の保険なのでお客さんに強くおすすめするわけにもいかず・・・という事情があります。

とはいえ、車の事故は自分の責任だけではありません。

もらい事故で全損になってしまったのに相手が保険に加入していなくて請求もできず・・・となったら支払義務はあなたにあります。

これが数万円ならばなんとかなるかもしれませんが、車となると多ければ100万円を超える請求の可能性もあります。

そうなったとき、自分を守るためにも自動車保険の加入を検討してみてくださいね。

だから、保険は自分で探す必要あり!!

どうせなら、最初から専門家とあなただけのプランを作ったほうが手間がかかりません。

それなら、すでに利用者が800万人突破している「SBIホールディングス株式会社」が運営する「保険の窓口 インズウェブ」がおすすめです。

最大21社もの保険会社からあなたに最適の見積もりオファーが手に入ります。
しかも、電話での直接の営業はまったくなし!

時間は取らせません。

カーリースにも対応した保険を探すならコチラ
※コーヒーを1杯飲む間に完了します

 

まとめ

カーリース契約者がなぜ自動車保険に加入しているのか、お分かりいただけたでしょうか。

あらためてポイントをおさえると

この記事のポイントおさらい
  • カーリースに自動車保険を組み込むと更新不要でず~っと定額!
  • いまの保険の等級も引き継げる
  • カーリースの修理費用は自己負担
  • 自己負担したくなければ車両保険を入れよう
  • カーリースで全損した場合の残金はあなたが払う!
  • 払いたくなければ車両保険を入れよう

あなたのせいじゃなくとも、車の修理費や残金の支払い義務はあなたにあります。

上手に保険を組み込んで、もしもの時の支払を限りなくゼロにしましょうね!

<<キャンペーン情報>> 11/1~12/25まで!カルモのメンテナンスプランが月額最大1,225円割引!!詳細はコチラ

コスモスマートビークルの完全マニュアル便利な"まとめ記事"を作りました

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です