マイカー賃貸カルモ
カーリース

カーリースの金利は高いのかローンと比較してみた(計算&図解付き)

Dr.カーリース
Dr.カーリース
突然ですが、カーリース会社はどうやって儲けているか、知っていますか?

実は、あなたの月々の支払の中に含まれる金利が主な収入源です。

リースの金利は、ローンと比べると割高だと言われていますよね。
では、実際にローンと比べてどの程度、金利が高くなるのでしょうか?

実際にみていきましょう。

 

カーリースの金利をローンと比較

車を貸しているリース会社は、あなたの毎月の利用料に金利を乗せて回収しています。

例えば、コスモ石油が提供する「コスモマイカーリース」の場合は、コスモ石油ではなく、車を提供しているリース会社や、保証会社が金利を回収してます。

コスモマイカーリースが提携しているカーリース会社は3社あります。

提携しているリース会社
  • セディナ
  • オリックス
  • オリコ

それぞれの会社はオート(ディーラー)ローンもやっていますので、まずは参考に見てみましょう。

  • セディナオートリース:6.4%~8.4%
  • オリックス自動車:5.0%~12.8%
  • オリコオートリース:7%~15%

(※出典元:セディナ:オートローン参照/オリックス自動車:金利一覧より参照/オリコオートリース:紹介サイトより参照)

これはオートローンの金利ですが、銀行で借りるローンが3%程度が上限なのでオートローンでも金利はかなり高めですね。

そして肝心なカーリースの金利ですが、カーリースの利用には信販会社の与信枠を利用しています。
つまり、カーリースもディーラーローンと同じくらいの金利と言えるわけです。

(例)オートローンとして200万円借り入れた場合

銀行系のオートローンで借りた場合
  • 金利3%
  • ボーナス払いなし
  • 5年返済

返済総額:2,156,212円
支払利息総額:156,212円

信販会社系のオートローンで借りた場合
  • 金利7%
  • ボーナス払いなし
  • 5年返済

返済総額:2,376,109円
支払利息総額:376,109円

その差:219,897円(5年間総額)

結構な差ですね。

しかし、これは5年間の総額です。
月々にすると3,600円くらいですから、この金額を高いと思いますか?低いと思いますか?

もしもあなたが月々4,000円にも満たない差が高いと感じるのであれば、カーリースはやめておくのが吉です。

ですが、こんな考え方もあります。

金利は高めですが、それでも月々2万5千円くらいの定額で、新車に乗れて、メンテナンスも税金もおまかせできるとしたら・・・?

安全に車に乗れれば良い。
手間暇なく維持/管理をおまかせすることができるとしたら、差額分を支払ってもカーリースは魅力的と言えますよね。

 

実際にカーリースの金利を計算してみる

HONDA:N-BOX

HONDA:N-BOX

計算:コスモマイカーリース無料見積もりツール

5年契約で計算
  • 車種:HONDA N-BOX(G SENSING 2DW)
  • オプション:なし
  • 月走行距離:1,000km
  • 金額:25,164円 × 60回(税込)

合計金額:1,509,840円

コスモマイカーリースの無料計算ツールでN-BOXを計算してみました
メーカーの希望小売価格が1,385,640円です。

さて、この2つの値段から金利を計算すると・・・
コスモマイカーリースの金利は8.22%でした。

この金利はあくまでも一例ですし、審査を受けるあなたの状況によっては金利は安くなったり高くなったりと変わってきます。

ですが8%台というと、ディーラー系ローンと同じ金額というのは証明できたと思います。

いっぽう、リースの金利はたかすぎる!騙されるな!なんて書いている人もいます。

なぜ、カーリースの金利は高いと言われるのでしょうか?
そのカラクリをつぎで解説します。

 

なぜカーリースの金利は高いといわれる?真相は”どこに”金利がかかっているか

先ほどの計算例から、カーリースにかかる金利はなんとなくわかっていただけたと思います。
しかし、同じくらいの金利なのにカーリースばかりが高い!高い!と言われるのでしょうか。

その説明には、こちらの図を見てください。

オートローンの場合

このように、オートローンの場合はあくまでも銀行や信販会社が貸したお金に関して金利がかかっています。
購入した車そのものを担保として金利がかかっているわけではありません。

カーリースの場合

そして、カーリースの場合は利用料のすべてに金利がかかっています

オートローンの場合は車代(借りたお金)にのみ金利がかかるのですが、カーリースの場合は税金からメンテナンス代まですべてコミコミの金額にしたところに金利をかけています
つまり、カーリースは金利がかかる部分が多いので割高というのが正解です。

 

それでも手軽に乗りたいならカーリース一択の理由

では、金利が高いからということで、カーリースはあきらめるべきでしょうか?

こんな条件の方はカーリースにするメリットは一切ないです。

  • 自分で車のメンテナンスができる
  • 法定点検や車検について詳しい
  • 車屋の知り合いがすべて安くやってくれる

2つ以上当てはまる方はローンを組んで購入されるのをおすすめします。

カーリースのメリットは”手軽に自動車に乗り続けられる”ことです。

カーリースのメリット
  • 月々の車にかかる費用を固定化できる
  • 税金や車検など面倒なことをおまかせにできる
  • 頭金など初期費用を抑えられる

頭金ゼロ、面倒な手続きもなく、新車に乗れるというだけでも大きなメリットです。

もちろん、デメリットもあります。
契約終了時に傷や凹み、走行距離オーバーをした場合に違約金発生する可能性があります。
しかし、それも違約金回避保証がついてるカーリースを選べばいいだけです。

>>違約金回避保証付きカーリースはコチラ

 

まとめ

なぜカーリースの金利は高いのか、そのカラクリを紹介しました。

この記事のおさらい
  • 提携のリース会社によって金利が異なる
  • 金利は信販系オートローンとおなじくらい
  • 金利のかかる範囲が違う

新車を買うのはイベント、なんてよく言います。
何件も何度も自動車ディーラー訪問をして、銀行に借りる?金利は高いけど信販系じゃないと厳しいかも…と悩んだり、手間も時間もかかるというのが、いままでの車の購入スタイルでした。

しかし、カーリースはネットだけで一度も店舗にいかずに契約ができます。
メンテナンスだってクーポンで無料になったり、預けるだけでOKになります。
最大9年間は、納税通知書が来ることもなくなります。
支払いは毎月決まった金額だけ。急な出費はほとんどありません。

金利分で銀行系ローンよりは総支払が確かに高くなります。
ですがカーリースなら、車検の時期に貴重なプライベートの時間をネットで工場を探すような必要はありません。
必要なメンテナンスはリース会社がはがきやメールで連絡してくれます。
あなたは近くのお店に立ち寄って預けるだけでいいわけです。

そして、会社の同僚が自動車税がどうとかつぶやいているのを聞いてあなたはポカンとします。
長いこと自動車関連の納税通知書が届いておらず、毎月決まった金額を支払うだけなので、存在すら忘れてしまっているわけです。

そんな手軽に自動車に乗れる権利がカーリースにはありますよ。

【PR】Dr.カーリースのお墨付き

【価格・手軽さ・信頼度】
コスモスマートビークル

年間3万台をカーリース契約を取り扱っているDr.カーリースのお墨付き!
コスモ石油の「コスモスマートビークル」

  • コミコミ月額でかんたん管理!
  • コスモ石油ならではのお得な価格で月2万円台~
  • 税金・メンテナンスなど維持管理もおまかせください!

 

詳細はコチラ

マイカー賃貸カルモ