カーリースの違約金回避プランついに登場
用語辞典

残価とは

残価設定とは、カーリースの月額料金を下げるためのテクニックのことです。

リース契約終了後、車をリース会社に返却することを前提に、車両本体価格から値引きをするというものです。

軽自動車でも10万円、プリウスなど人気車両であれは30万円以上の値引きをつけることができます。

残価設定って何?

残価とは、自動車の未来の価値のことです。

例えば、200万円で買った車両が、5年後は50万円で売れるとしましょう。

この50万円が残価です。

そして、5年後に50万円で売ってもらうことを前提に、最初から150万円で車を売りますよ、というのが残価クレジットとも呼ばれます。

カーリースでもこの方式を採用していて、返却された車は市場に出して売ってしまいます。

だったら、その分は価格を値引いてユーザーに貸し出しすことで、月額を抑えようということです。

残価設定をしても買い取りは可能

リース会社によりますが、残価設定をしても、契約終了後に車を自分のものにすることは可能です。

ただし、その場合は残価として設定された金額をリース会社に一括で支払う必要があります。

残価設定が100万円を超える人気車両もありますが、引き取る場合はその100万円を一括で払う必要があります。

逆に残価設定を0円にしてしまえば、リース会社に事務手数料だけ支払えば、契約終了後に車を自分のものにすることができます。

残価は活用するべき

どうしても車を分割で買うようにカーリースを使う人がいますが、これはあまり賢くあまりせん。

いちばんお得な乗り方は残価を最大限にいかし、月額を抑えて利用する。

契約終了後は最新機能の詰まった新車に乗り換えて、これもまた月額を抑えて利用する。

この繰り返しがカーリースを100%活用する方法です。

買い取る人は全体の10%に満たない

買い取ってしまえば自分のものになり、月額はかからなくなります。

ただし、税金や維持費はすべて自己負担になり、ひと月にかかる車代がまったく読めなくなってしまいます。

家計負担が増えるだけなので、買い取りよりは、同じ月額で新車に乗り換えるほうが圧倒的にお得です。

そんな事情から契約終了後に車を実際に買い取る人は全体の10%にも満たないのです。

カーリースのプロだけが語れる本当のメリット・デメリット徹底解説こんにちは! 年間30,000台のリース契約にたずさわっているカーリースのプロ「Dr.カーリース」です。 なんだかお得に乗れるっ...
月々一万円?!ウワサのリースの正体とカラクリを徹底解説!こんにちは! 年間30,000台のリース契約にたずさわっているカーリースのプロ「Dr.カーリース」です。 月々1万円で新車に乗れ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です