「KINTO」に5年と7年のプランが追加!5月8日から

2 min 39 views
マースちゃん

マースちゃん

広報大使(非公認)

カーリース広報大使(非公認)
プロの先生と一緒にカーリースお伝えするのがお仕事です!
編集部の連絡先→info@xn--lck2a0kvcb.net

FOLLOW

トヨタ自動車は、昨年スタートした愛車サブスクリプションサービス「KINTO ONE」に、5月8日から新たに5年/7年プランを追加するとともにオプションパッケージを拡充する。

KINTO ONEは、車の保有に加え、税金や保険の支払い、車両のメンテナンスなどの手続きをパッケージ化した月額定額サービス。月額料金に任意保険も含まれているため、若年層や追加で購入を検討中の人に魅力的なサービスとなっている。また、店頭だけでなくWEBで申し込みから契約まで完結する利便性の高さも特徴。今年の1月以降、KINTO ONEのラインアップに16車種を追加したことに加え、法人受付を開始したことなどにより、申し込み累計実績は3150件に伸びている。

5月8日からは、トヨタ車を対象に従来の3年プランに加え、5年/7年プランを新たに追加。ヤリス場合、3年プランが月額3万9930円からのところ、5年プランなら3万7070円から、7年プランなら3万4760円からと、より手軽に始めやすい月額料金を設定した。また、3年プランは従来から設定しているメンテナンス内容にタイヤ交換を追加。5年/7年プランは3年プラン同様のメンテナンス内容に加え、トヨタ正規販売店での車検も含めた月額利用サービスとした。

さらに、契約期間中に別プランに乗り換えが可能となる「のりかえGO」を開始する。3年プランは契約から1年半後、5年/7年プランは契約から3年後以降の6か月毎のタイミングで、中途解約時の解約金よりもリーズナブルな手数料で乗り換え可能。対象月以外でも、規定の中途解約金を支払い、新たに契約を結ぶことで乗り換えることができる。

このほか、従来のオプションパッケージに加え、ディスプレイオーディオを搭載した「ディスプレイオーディオ(スマホ連携)パッケージ」、ナビ、バックカメラ、ETC、LEDヘッドランプ、両側パワースライドドアなどをそろえた「KINTOフルパッケージ」を追加した。

response

Twitterの反応

https://twitter.com/junos_leaf/status/1248973716966400003

Yahooニュースのコメント

5年間など一定期間で考えれば確かに税金、車検代などが安く済む計算にはなります。

ただ3年、5年と同じ車に乗る人は、基本的に車が生活必需品でしょう。

その場合、購入すれば支払いが終われば維持費だけで済みますが、サブスクではずっと支払いが続きます。

また、ずっと支払っているのに自分の所有物にはなりません、だから他の車が欲しくなっても下取車は無いのです。

現状の金額では、税金や車検代分だけ安く済むメリットより、所有権がないデメリットの方が大きいとしか言えません。

Yahoo!ニュース

結局は乗り捨て。新車乗り捨てはもったいないよ。買って買取で売るほうがお得。サブスク謳うなら月単位で乗り換え自由にして。今月はセダン。来月は四駆。次はコンパクトカーって具合に。

Yahoo!ニュース

マースちゃんの感想

https://xn--lck2a0kvcb.net/wp/wp-content/uploads/2020/04/N6guCpDM.jpg

マースちゃん

安くなる一方、コメントは「最後に自分のものになるかどうか」に終始しているデース。

最後にもえらるカーリースがまだまだ知られていないのは残念デスね。

プロ推薦の格安カーリース >>
無料見積もり
プロ推薦の格安カーリース >>
無料見積もり