カーリース

個人向けカーリースを利用するメリット・デメリットをプロが徹底解説

お得に乗れると話題になってい個人向けカーリース。

実は、正しい知識を持っていないと損をしてしまう可能性があります。

さらに問題なのが、多くの情報がリース会社の公式サイトに掲載されていることを再編集しただけの情報ということ。

カーリースを利用したことがあったり、プロが書いている記事はあまりにも少ないです。

私は年間30,000台ものカーリース契約に携わっているカーリースのプロです。

カーリースはどんな人に向いているのか、あなたはどんなカーリースを利用すればいいのかがしっかりわかります。

 

カーリースとは

1~9年間、車をリース会社から借り受けることです。

期間中は月々一定額を支払うだけでマイカーと同じ感覚で利用することができます。

1~9年間 リース会社から車を借りること

 

値引きのカラクリ

カーリースはなんだか安いイメージがありますよね。
それにはカラクリがあって、月々の利用料を少しでも下げるために、契約終了に下取りできる価格を最初から値引きしています。

この値引き価格のことを「残価」と呼びます。
最近では残クレ方式という車の購入方法も広まってきたので、あたなも聞いたことがあるかもしれませんね。

「残価とは」車の残存価格のことで、リース契約が終了した時の車の市場価値のことです。残価はリース契約時に定めますので、あくまでも「予想額」となります。

もとから買い取る金額を値引きしておくことで、月々の支払を抑えているんですね。
それがなんでデメリットなの?と思いますよね。

それは、返却時に予想価格を下回っていたら、このようになるからです。

図でおわかりいただけるとおり、当初の価格より低い値段でしか査定できない場合、足りなかった分はあなたに支払ってもらうことになります。

車の価値が下がるパターンは5つ
  1. 車が全損してしまった(売れない状態)
  2. 車を傷つけた、故障させた(価値が下がる)
  3. 勝手に改造をしてしまった(価値が下がる)
  4. タバコの臭いや、取れない汚れがついてしまった(価値が下がる)
  5. リコールなどで価値がなくなった(売れない状態)

残価設定は詐欺なのか

残価設定という仕組みは使いかた次第です。基本的には「月々の支払を安くするため」のものなので、最後にあなたから原状回復費用をまきあげるような悪徳なものではありません

この制度のおかげで、カーリースのコミコミ月額と、ローンの月々返済の額があまり変わらないようになっているので、リース会社側の大きな武器になっています。
ちなみに、残価は莫大な車の価格データからプロが設定しますから、契約終了時に大きな価格差が生まれないようになっています。

むしろ、大きな価格差はリース会社にとって手間、面倒事でしかないのです。お客さんのクレーム対応にかかる人件費、事務費用のほうがはるかに高くついてしまうので、それこそ悪徳業者でなければ無理な残価設定なんかしません。

 

向いている人

では、どのような人がカーリースに向いているのでしょうか。
カーリースがおすすめ、カーリースで損しにくい人を書き出してみました。

  • 車は趣味じゃなくて必要品だ
  • 車に何十万もかけたくない
  • 税金の支払い通知が嫌い
  • タイヤの安全チェックの仕方がわからない
  • かんたんに安全に車に乗りたい

3つ以上当てはまる人はかなりカーリースに向いています。

実は、カーリースは車がよくわからないという人ほど向いています。

通勤・通学がメインで、土日のレジャーに利用するくらいなら月々の支払いも一定で、維持管理もお任せできるカーリースはピッタリのサービスです。



知っておくべきデメリット

カーリースを利用するにあたって、知っておくべきデメリットがあります。

  • 途中解約ができない。
  • 利用終了時に違約金の可能性がある。

途中で解約できない

カーリースは1年~9年の利用期間を設定することができます。
一番多い利用期間は5年~7年ですが、どのプランを選んだとしても途中で解約することができません。

どうしても解約したい場合は、払うはずだった残期間の利用料を一括で支払う必要があります。これは、スマホの本体代の途中解約のようなイメージですね。

ただ、家族の成長に合わせて車を乗り換えたい場合もありますよね。
そんな時は乗り換えプランを用意しているカーリースを利用することをおすすめします。

乗り換え可能プランなら

>>カーコンカーリース(もろコミ)

>>カーリース・オンライン

利用終了時に違約金の可能性がある

利用終了したカーリースは3つの選択肢があります。

  • 買い取る
  • 返却する
  • 期間延長する

もし、あなたが買取しない場合、返却された車はリース会社により中古車として販売されます。

車の残存価格(残価)が傷や凹みなどでマイナス査定になった場合、その差額は利用者のあなたが負担する必要があります。

しかし、最初から車をもらえるカーコンカーリースやカーリース・オンラインを利用すれば返却がないので違約金は発生しません。

また、違約金保障のあるマイカー賃貸カルモを利用することで、返却前提でも違約金を回避することはかんたんです。

車をもらえるカーリース

>>カーコンカーリース

>>カーリース・オンライン

違約金保障があるカーリース

>>マイカー賃貸カルモ

 

実はデメリットではないこと

カーリースのデメリットとしてよく言われているいくつかのことは実はデメリットではありません。

法人でなければメリットがない

個人でも十分にメリットがあります。

  • 初期費用がほとんどかからない
  • 毎月の支払が一定
  • 利用手続きがかんたん
  • 車の管理がかんたん
  • 車にかける時間が減る

>>詳しいメリットまでスキップする

期間中は自分のものではない

所有権はリース会社ですが、あなたは使用者として登録されるので利用に制限はありません。

走行距離に制限がある

走行距離に制限がある場合はありますがほとんどが月最大2,000kmまで設定するとができます。つまり、年間で最大24,000kmも走行が可能です。

毎週のようにアウトドアに行くようなヘビーユーザーには物足りないかもしれませんが、普段使いを想定しているユーザーの平均的な月間走行距離を見てみましょう。

走行距離2011年2013年2015年2017年
~300km54%58%61%59%
~600km18%17%17%17%
~1,200km22%21%18%19%
1,201km~7%5%4%5%
平均410km380km350km370km

(参照:「乗用車市場動向調査」 )

ほとんどが300km以下です。
月間に1,000kmを超えるユーザーは全体のほんの5%程度です。

カーリースでは返却時の走行メーターが利用開始時から設定距離をオーバーしていなければOKなので、少し走りすぎてしまった月があったとしても問題ありません。

走行距離制限について

金利が高い、総支払額が高い

割引や1万円リースが流行っているので、カーリースというのは新車をなぜか安く手に入れられる魔法のように思われていますが、実際に中身を見てみるとしっかり金利がとられています。

正直、一括購入のほうがお得ですし、オートローンより少し高いです。

しかし、その分あなたは車を維持管理する手間を90%以上カットできます。
必要なのは、ガソリンの給油とメンテナンス時期に車を指定の場所に持っていくことだけ。

普通は車検もメンテナンスも自分でやりますよね、税金も自分で支払います。
それらの手間がすべてなくなったとしたら…?
その手数料だと思えば安いものだと、かしこい人たちがカーリースに乗り換えをはじめています。

 

カーリースを利用するメリット

カーリースを利用するメリットは8つもあります。

  1. 初期費用がほとんどかからない
  2. カーリースは借金にならない
  3. 毎月の支払が一定
  4. 自動車保険もセットにできる
  5. 自動税の通知が来なくなる
  6. 利用手続きがかんたん
  7. 車の管理がかんたん
  8. 車にかける時間が減る

初期費用がほとんどかからない

カーリースを利用するのに、頭金は必要ありません。
車庫証明だけは取得する必要がありますが、そのほかに契約に費用はかかりません。

WEBで申し込みをするなら、ディーラーに行く必要すらありません。
忙しい人ほど、スマホで情報をゲットし、カーリースをはじめています。

カーリースは借金にならない

カーリースというのは、リース会社から車を借りている状態です。なので、支払っているお金はあくまでも利用料であり、ローンの返済ではありません。じつは、そこにあなたの今後の人生にかかわるメリットがあるんです。

銀行ローンでも、ディーラーローンでも、お金を借りる場合は借入金ということで、借金の扱いになっています。あなたも、家を買う、こどもが大学に通うなど、大きなイベントでお金を借りるシーンが今後あると思います。

そんなとき、貸す銀行側には「この人の年収なら〇〇万円まで貸してもOK」という枠を設けている場合が多いです。そうなると、家を購入したいときに車のローンがある人と、ない人、どちらがより多く貸してもらえるかは、想像ができるはず。

大きな重要なイベントのときに、足を引っ張ってしまうかもしれないオートローンをどう考えるか。1万円でも多く借りたいのであれば、リース契約のほうが都合がつきやすい可能性があります。

毎月の支払が一定

車って購入したあとでも維持費が結構かかります。
かかる維持費用はだいたいこんな感じ。

こんなにもある車の維持費
  • 自動車税
  • 車検
  • 自賠責保険
  • 重量税
  • 自動車保険
  • ガソリン代
  • メンテナンス費用

+ローン(車両代)の支払い

税金は毎年払う必要がありますし、長く乗りたいならメンテナンスは必須です。

なので、年間にかかる車の維持費って図にするとこんな感じになります。

ローンの支払いイメージ
ローンの支払いイメージ

車検のある年や、調子が悪くて修理した年はこれよりもっとお金がかかります。

こうなると、必要な時期に合わせてお金を貯金しなければいけないし、スケジュールも自分で管理しておく必要がありますよね。

ですが、これをカーリースにするとこうなります。

カーリースの支払いイメージ
カーリースの支払いイメージ

真っ平らになりましたね!

カーリースにすることで毎月の支払いは一定になるので、車両代金はもちろん、車検や税金のために貯金しておく必要はありません。

カーリースの月額に含まれるもの
  • 車両代
  • 車検代
  • 重量税
  • 自動車税
  • 自賠責保険
  • メンテナンス代

コミコミで月額2万円くらいから利用することができます。

自動車保険もセットにできる

これはオプションですが、カーリースには自動車任意保険を含めることができます。

メリットとしてはいくつかあります。

  1. 期間中に更新の必要がない
  2. 保険を使っても期間中は等級が変わらない
  3. 等級が変わらないので保険料が変わらない
  4. 月々の利用料で支払えばいいので請求書が来ない

WEBで任意保険をつける場合は、一度無料の見積もり、仮審査を受けた後に可能となります。
担当者とグレードやオプションを打ち合わせるときに「自動車保険も含めたい」と申告するだけで無料でコミコミ価格の見積書を作成してくれます。

普段は価格が上がるので付けない人も多い車両保険については、全損してしまったときの違約金をカバーしてくれる大事な特約になりますので、ぜひ含めたいですね。

自動税の通知が来なくなる

実は、月額料金に自動車税、重量税、自賠責保険も含まれているので、すべて月々分割で支払っているイメージになります。

それの何がいいって、忌々しい納税通知書も来なくなるということ!

別途、自動車保険も月々に含めることができるので、もう維持費の支払いでイライラすることもなくなります!

利用手続きがかんたん

カーリースの申し込みは多くがWEBだけで完了できます。
契約書も自宅にキットが届きますし、納車も自宅を指定することができます。

忙しいとディーラー巡りも面倒ですよね。
カーリースなら、自宅にいながら好きな新車を選ぶだけで利用開始ができます。

車の管理がかんたん

車の維持で重要なメンテナンスですが、車検以外にも法定点検、オイル交換、タイヤ交換まで月額に含めることができます。

メンテナンスは事前のはがき通知はもちろん、専用のアプリでメンテナンスのスケジュール管理をしてくれるので忘れることもありません。

ただ、ここまでくると月額が割高になりそうです。
ご安心を、ちゃんと最低限の機能で月額を安くするプランも各社用意されていますよ。

車にかける時間が減る

メンテナンスも税金もおまかせできるとなると、車にかける余計な時間を減らすことができます。
それが醍醐味だというなら、ローンで購入してください。そのほうが幸せです。

減らせる時間は自分のために、家族のために使うことができます。

車検はどこにしようか問い合わせる時間はもうありません。

納税しに銀行窓口にいく必要もありません。

あなたの生活で車はいつでもつかえるガジェット(道具)になり、生活は快適になります。

カーリースは時間を節約できる



カーリースvsローン価格比較

実際にカーリースとローンを比較するとどのくらい価格が違うのでしょうか。

2018年、軽自動車を除いて日本で一番売れた新車「日産 ノート e-POWER」で比較してみましょう。

ローンで購入

オプション一覧
ブリリアントホワイトパール、インテリジェントアラウンドビューモニター、LEDヘッドランプ、日産オリジナルナビ取付パッケージ、ベーシックパック(マット・バイザー・ナンバーフレーム)、ナビレコお買い得パックMM316D-W、ETC2.0ユニット、ドアミラー自動格納装置

合計価格:2,406,916円

5年ローン(金利3%)を組んだ場合
月々:43,125円×60回

カーリースを利用する

オプション一覧
カーナビ、ETC、メンテナンスパック、ベーシックパック(マット・バイザー・ナンバーフレーム)、ドアミラー自動格納装置

合計価格:2,021,760円

5年リースを組んだ場合
月々:48,924円×60回

ローンとカーリースでの月額の差は5,799円ですね。

※コスモマイカーリースの無料見積もりを利用しました。

無料見積もりではまったく同じオプションを選ぶことができなかったので、実際には6,000円くらいの差が出ると思います。

しかし、ローンの場合は本体価格のみで、車検やメンテナンス費用は別途かかります
カーリースなら、価格は高くなりますが税金、車検、メンテナンス費用もすべてコミコミの価格なので、5年間ガソリン代と駐車場代だけであとは一定の利用料を支払うだけでOKです。

よくわからないけど安いのがいい、というかたはオートローンがいいかもしれませんね。
しかし、お得に便利に乗りたいのであればカーリースのほうが後悔しないはずです。

 

月々1万円のカーリースはどうなのか

そもそも、新車だと1万円ポッキリのカーリースは存在しません。
基本的にはボーナス払いが設定されていて、ボーナス月には5万円~10万円も追加で料金を支払う必要があります。

この月々1万円リースですが、どこが始めたことなのでしょうか。
もともとは店舗販売のみで個人向けカーリースではNo.1の顧客をもつオリコオートリースが取り組み始めたという情報ソースが見つかりましたので共有しておきます。

だが、2016年に潮目が変わる。「新車の軽自動車をボーナス併用払いにして、自動車税や車検代などの車の維持費を含めて、月々1万円で新車に乗れるという商品設計がマーケットに受け入れられた」(小斎部長)
出典:「自動車リース」に石油元売りが参入するわけ(東洋経済オンライン)

私、Dr.カーリースは新車1万円カーリースは否定派です。
あれは完全に客寄せパンダなので、お客さんのことが考えられた商品ではないです。

ほとんどがオプションを含めて1万円に収まらなくなるので、本当に1万円で契約している人は0.01%もいません。

カーリースは中古車であれば1万円~
新車であれば2万3千円~を考えたほうが正しいイメージになると思います。

ただし、チラシ効果としてはいまだに絶大なので彼らがこの商法をやめることはありません。良質なカーリース業者を見極めるには”新車1万円カーリースをしていないこと”と覚えてもいいですね。

>>Dr.カーリースがおすすめする優良カーリースはコチラ

 

失敗しないカーリースの選び方

カーリースは借りるものといっても、長く利用するサービスですから失敗したくないですよね。

そこで、失敗しないカーリースの選び方をお教えします。

車選びは予算内で新車から決めよう

あまりこだわりが強い場合はカーリースは割高になってしまう場合があります。
その場合はローンや中古車を検討すべきですが、基本的には予算内で検索し新車での契約をおすすめします。

新車の場合はメーカー保証期間の対象になりますし、誰も乗車していないので不具合が起きる確率をグッと下げることができます。

予算内で乗る人数は?使用頻度が高いのは?と絞り込んでいくことで最適の1台をかんたんに、安全に探し出すことができます。

カーリース会社は特徴から探そう

どこも1万円リースをしていて、特徴なんか無いじゃないか!と思うかもしれませんが、調べてみるとカーリース会社もさまざまです。

詳細はおすすめのカーリース会社ということでコチラの記事でまとめています。

  • 車をもらいたい
  • とにかく安く契約したい
  • 審査に不安がある
  • とにかく失敗のない王道がいい
  • 傷や凹みの違約金を回避したい

カーリースに踏み切れないあなたをサポートするカーリース会社が必ず存在します。
車選びも重要ですが、扱うリース会社の特徴にも目を向けてみてくださいね。



あなたは大丈夫?カーリースには審査があります。

カーリースの利用には審査があります。

多くは信販(クレジットカード)系の審査会社が審査していますので、普段クレジットカードが問題なく作れている人は合格率がとても高いです。

逆に、未払いがある人やブラックリストにのっている人はなかり厳しいですね。
保証人をつければ通過できる場合もありますが、一度受けてみないことにはわかりません。

それでもカーリースの審査難易度は低いと言い切っているのですが、その根拠はコチラの記事でまとめています。

審査が甘い会社はあるのか

審査が甘い会社はありませんね。
町の車屋さんであれば、付き合っているカーリース会社によっては無理がきく場合もありますが…その場合金利が通常よりも高かったり、契約終了後に絶対清算金が出るような契約にさせられたりとあまりおすすめできません。

より確率が高いのは多くのカーリース会社と契約している車屋さんを見つけることでしょうか。

私の知っている会社では、東京の銀座にあるジェーユーシーという会社がやっている「フリースカー」ですね。あなたが申し込む際に最大8つのカーリース会社から通過できるところを探してくれるのでおすすめです。

そもそも審査なしのカーリースは存在するのか

審査なしのカーリースはありません。
もし審査なしです!と言っているカーリースがあれば月々1万円カーリースより危ないです。

カーリースも信用販売に近い商品なので、それを審査なしで契約させるのはすべて詐欺だと思ったほうがいいです。

実際に2003年と2018年にはカーリースを装って高利貸をしていたということで逮捕者も出ているほどですから、カーリースを詐欺に使うのはありえない話ではありません。

 

まとめ

カーリースの仕組みと、メリット・デメリットをプロの目線で解説してきました。
もちろん、私はカーリースのプロなのでみなさんには快適で便利なカーリースを利用していただきたいです。

しかし、客寄せパンダに安く見せたり、わかりにくい広告を出している業者が多いのも事実。みなさんには正しい知識を持ったうえで、後悔しない選択をしてほしいです。

そこで、私Dr.カーリースが本当におすすめするカーリースをコチラでまとめています。

各社の良い点、悪い点、口コミもまとめていますので、ぜひとも確認してみてくださいね。

ここまでOKですか?
では、最後にもう1度確認です。

カーリースの利用には審査が必要です。
審査に失敗しないためにもコチラの記事も確認してくださいね。

【PR】Dr.カーリースのお墨付き

【価格・手軽さ・信頼度】
コスモスマートビークル

年間3万台をカーリース契約を取り扱っているDr.カーリースのお墨付き!
コスモ石油の「コスモスマートビークル」

  • コミコミ月額でかんたん管理!
  • コスモ石油ならではのお得な価格で月2万円台~
  • 税金・メンテナンスなど維持管理もおまかせください!

 

詳細はコチラ

マイカー賃貸カルモ