【まとめ】2019年新春!!お得に契約できるキャンペーン情報【おすすめ3社】
悩みで探す

カーリースのメリットまるわかり!|プロが徹底的にほめちぎる

事実、車をカーリースにする人が増えています。

2017年に新車を購入した人の10人に1人が、カーリースを利用するようになりました。

新車販売に占めるリース車比率表

日本自動車リース協会連合会「新車販売に占めるリース車比率」より

なぜ増えているかというと、利用する人にとって大きなメリットがあるからです。

カーリースを利用するメリットを知れば、新車ローンとの違いもわかりますので、とても役に立ちます。

かしこく車選びをするためには必須の知識ですからしっかりチェックしてくださいね。

 

初期費用がかかならい

カーリースの利用開始には、頭金も初期費用も必要あまりせん。ウェブで申込みなら、一度もお店に行くことなく契約することも可能です。

あっ、1つだけお金がかかります!

車庫証明だけは自分で用意する必要があります。なので、だいたい2,500円くらい用意すれば新車に乗ることができるんです。

新車をローンするときの初期費用はこちらで確認できます。

 

毎月の支払いが一定

車って購入したあとでも維持費が結構かかります。
かかる維持費用はだいたいこんな感じ。

こんなにもある車の維持費
  • 自動車税
  • 車検
  • 自賠責保険
  • 重量税
  • 自動車保険
  • ガソリン代
  • メンテナンス費用

+ローン(車両代)の支払い

税金は毎年払う必要がありますし、長く乗りたいならメンテナンスは必須です。

なので、年間にかかる車の維持費って図にするとこんな感じになります。

ローンの支払いイメージ
ローンの支払いイメージ

車検のある年や、調子が悪くて修理した年はこれよりもっとお金がかかります。

こうなると、必要な時期に合わせてお金を貯金しなければいけないし、スケジュールも自分で管理しておく必要がありますよね。

ですが、これをカーリースにするとこうなります。

カーリースの支払いイメージ
カーリースの支払いイメージ

真っ平らになりましたね!

カーリースにすることで毎月の支払いは一定になるので、車両代金はもちろん、車検や税金のために貯金しておく必要はありません。

カーリースの月額に含まれるもの
  • 車両代
  • 車検代
  • 重量税
  • 自動車税
  • 自賠責保険
  • メンテナンス代

コミコミで月額2万円から利用することができます。

 

自動税の通知が来なくなる

実は、月額料金に自動車税、重量税、自賠責保険も含まれているので、すべて月々分割で支払っているイメージになります。

それの何がいいって、忌々しい納税通知書も来なくなるということ!

別途、自動車保険も月々に含めることができるので、もう維持費の支払いでイライラすることもなくなります!

 

メンテナンスも任せられる

もうひとつ、車の維持で重要なメンテナンスですが、車検以外にも法定点検、オイル交換、タイヤ交換まで月額に含めることができます。

はがきでの通知はもちろん、専用のアプリでメンテナンスのスケジュール管理をしてくれるので忘れることもありません。

ただ、ここまでくると月額が割高になりそうですよね。

なので、最低限の機能で月額を安くするプランも用意されていますから安心してください。

 

【要チェック】カーリースに向いている人

ここまで読んだあなた!なんとなくわかったけど、実際に自分がカーリースに向いているかよくわからなくなってきていませんか?

そこで、あなたがカーリースに向いているかチェックしてみましょう。

  1. 車は趣味じゃなくて必要品だ
  2. 車に何十万もかけたくない
  3. 税金の支払い通知が嫌い
  4. タイヤの安全チェックの仕方がわからない
  5. かんたんに安全に車に乗りたい

3つ以上当てはまる方はかなりカーリース向き。
まずはおすすめのカーリースから無料の見積もりをしてみるといいですね。

 

まとめ

カーリースのメリットについておさらいです。

メリットおさらい
  • 初期費用がほとんどかからない
  • 車にかかる金額がずっと一定
  • 税金の支払い通知が来ない
  • メンテナンスも自動管理してくれる

いま、車に乗っているあなたは支払いがこんな感じになっていますよね。

ローンの支払いイメージ

それが、こうなります。

リースの支払いイメージ

しかも、車庫証明代たった2,500円程度用意するだけで利用開始することができます。

あとはどのカーリースを利用するかが重要になります。
なんだかいいことばかり書いてしまったので、カーリースのデメリットもまとめておきました。合わせてチェックしてみてくださいね!