車検のお得情報

車検の内訳公開!基本料と法定費用はクレジットカードで支払える?

車検費用の内訳を大まかに2つ、
車検基本料と法定費用です。

では、車検基本料と法定費用の
具体的な中身はどんな費用が含まれているのでしょうか?

また、車検を受けるには事前に自動車重量税という税金を納めなければなりません。
それぞれの費用はいくらで、どう値段が決まるのでしょうか。

この記事でしっかり予習して、
損しない車検を攻略しましょう!

[PR]あなたの格安車検はコチラ!

格安で車検を受けたい場合は、あなたの郵便番号を入力するだけで
一発で格安車検を検索できる
車検の比較&予約サイト【楽天車検】がおすすめ♪

コチラのリンクからサイトへ移動すると、
楽天ポイントがもらえちゃう特別なキャンペーンを受けることができます。

車検の自動車重量税はどのように決まる?

車検の際に支払う自動車重量税の税額は
どのようにして決まるのでしょうか?

自家用乗用車は車両の重さ0.5tごとに税額が変わります。
車両の重さは車検証を見ればわかります。
軽自動車は車両の重さにかかわらず税額は定額です。

新車登録時から13年以上経過すると税額が上がり、
18年以上経過するとさらに税額が上がります。
具体的な税額(2年分)は下記の通りです。

経過年数が13年未満の車経過年数が13年~
18年未満の車
経過年数が18年以上の車
軽自動車:
6,600円
軽自動車:
7,800円
軽自動車:
8,800円
0.5t以下の車:
8,200円
0.5t以下の車:
11,400円
0.5t以下の車:
12,600円
~1.0t以下の車:
16,400円
~1.0t以下の車:
22,800円
~1.0t以下の車:
25,200円
~1.5t以下の車:
24,600円
~1.5t以下の車:
34,200円
~1.5t以下の車:
37,800円
~2.0t以下の車:
32,800円
~2.0t以下の車:
45,600円
~2.0t以下の車:
50,400円
~2.5t以下の車:
41,000円
~2.5t以下の車:
57,000円
~2.5t以下の車:
63,000円
~3.0t以下の車:
49,200円
~3.0t以下の車:
68,400円
~3.0t以下の車:
75,600円

※エコカーの優遇措置を考慮に入れていない税額です。

環境性能に優れた「エコカー」については優遇措置があり、
自動車重量税が減税または免税となります。詳しくは次の項目でご説明します。

ちなみに、自分の車の自動車重量税がいくらになるかを
簡単に調べられるサイトがあります。

1つは、「日本自動車整備振興会連合会」提供の
「重量税計算ツール」(http://naspa.jp/)で、
もう1つは、「国土交通省」の「次回自動車重量税額照会サービス」(https://www.nextmvtt.mlit.go.jp/nextmvtt-web/)です。
ぜひとも活用しましょう。

価格だけで選ぶのは危険!車検業者の比較ポイントを徹底解説世の中にはたくさんの車検業者が存在します。 多すぎてどの業者を選んだらいいのかわからないですよね。 ですが、1つ覚えておいて欲し...

自動車重量税が減税・免税の対象となる車種は?

エコカーの優遇措置で自動車重量税が
減税、免税となる車種についてご説明します。

まず、以下に該当する車種は
初回の継続車検時の自動車重量税が免税となります。

  • 平成27年5月1日~平成29年4月30日の間の
    新車購入時に免税だった車
  • 平成29年5月1日~平成30年4月30日の間に
    新車購入し、平成32年度燃費基準+40%以上を達成している車
  • 平成30年5月1日~平成31年4月30日の間に
    新車購入し、平成32年度燃費基準+50%以上を達成している車

また、平成27年5月1日の前に新車登録された車が、
車検日時点でエコカー減免対象車であった場合、
「本則税率」と呼ばれる軽減された税率が課されます。
(平成17年排出ガス基準75%低減レベルをクリアしており、かつ一定の燃費基準を達成している車)

ただし、新車登録から13年以上が経過した車は対象外です。

車検基本料とは?

車検基本料は、車検サービス提供会社がそれぞれで料金を設定しています。
つまり、車検会社によって料金が異なります。

車検を通すためにオイル類の交換や部品の交換が必要になった場合には、
追加で料金が発生することもあります。

車検基本料の内訳

検査代

車検に通すために整備すべき箇所を調べる手数料です。

24カ月点検整備代

車検と共に実施することが法律で義務付けられている「24か月点検」およびそれに伴う整備にかかる料金です。

24カ月点検の項目

  • 原動機(エンジン本体、潤滑装置、燃料装置、冷却装置など)
  • かじ取り装置(ハンドル、かじとり車輪、パワーステアリング装置など)
  • 制動装置(ブレーキディスクおよびパッド、ブレーキペダル、駐車ブレーキなど)
  • 走行装置(タイヤ、ホイールなど)
  • 緩衝装置(ショックアブソーバーなど)
  • 動力伝達装置(クラッチ、トランスミッション、デファレンシャルなど)
  • 電気装置(点火装置、バッテリー、電気配線など)
  • ばい煙、悪臭のあるガス、有害なガス等の発散防止装置
  • エキゾーストパイプおよびマフラー
  • 車枠および車体

代行手数料

ユーザーの代わりに車検場まで車を持っていき車検を通す代行手数料のことです。

車検にかかる時間や日数は?落ちた場合のルールや対処方を徹底解説車検は有効期限が切れるまでに受けなければいけません。 車検が切れてしまうとその車は公道を走れなくなってしまいます。 そこで気にな...
車検は何年ごとに受けるの?有効期限や法的ルールを解説します!車検は何年ごとに受ける必要があるのでしょうか? サクッと知りたい人のために下の画像を参考にしてください。 この他にも、法...

車検法定費用とは?

法定費用は法律で金額が定められています。
どの車検サービス提供会社でも料金は同じです。

法定費用の内訳

自動車重量税

新規登録時または車検時に、次回の車検までの分をまとめて支払うことになります。つまり、自家用乗用車や軽乗用車であれば、新規登録時に3年分、車検時に2年分を支払います。自家用乗用車の場合は車両の重さ0.5tごとに税額が変わります。軽自動車の税額は車両の重さに関係なく定額です。

自賠責保険料

自動車重量税と同様、次回の車検までの分をまとめて支払います。ただし、新車登録時には3年分よりも1カ月長い3年1カ月分(37カ月分)の保険料を納めることになります。
なぜなら、車検の有効期間満了時刻が最終日の夜の24時であるのに対し、自賠責保険の有効期間満了時刻は最終日の昼の12時となっており、タイミングのズレが生じるからです。
もし、車検と自賠責保険の有効期間満了日が同じ日になるとすると、自賠責保険が12時間早く切れるということになってしまうのです。そのため、新車登録時には1カ月分プラスして保険料を支払うことになります。

印紙代

印紙代とは、国および自動車検査独立行政法人に支払う検査手数料のことです。細かく言えば、「自動車検査登録印紙」の代金(印紙代)と「自動車審査証紙」の代金(証紙代)を合わせた金額になります。

車検代を安く抑える方法!値段の決まり方からわかる損しない戦術!定期的に大きな費用が発生する車検。 できれば安くかんたんに終わらせたいですよね。 そのために必要なのは、 そもそも車検の値段は...

車検代を安く抑える方法!値段の決まり方からわかる損しない戦術!

[PR]安い車検店舗が見つかる。ポイントも貯まる。車検の比較&予約サイト【楽天車検】

車検基本料や法定費用の相場は?

ここで、車検基本料や法定費用の相場をご紹介します。
前述の通り、車検基本料は車検サービス提供会社ごとに異なります。

一般的に言って、ディーラー車検の相場は高めです。
ただし、質の高い点検や整備を受けられ、
手厚い整備保証も付くというメリットもあります。

法定費用はどの会社でも同じですが、車の重さや種類によって変わります。

車検の相場ってどれくらい?かかる税金と支払い疑問を解決しよう!車検でかかる費用の相場ってわかりませんよね。 車を持つと定期的に車検の時期がやってきますので、 その相場を知っておくことは損しない大...

車検代をクレジットカード払いにするメリットとは?

車検にかかる費用を合計すると
ある程度まとまった金額になります。

クレジットカード払いができると、
金額が増えても問題なくスマートに支払いができます。

しかし車検をクレジットカード払いにする
メリットはこれだけではありません。

車検の月に出費が重なってしまった場合でも、
クレジットカードなら分割払いにすることもできます。

分割払いの手数料がかかってしまいますが、
車検代のお金がないときは助かります。

また、クレジットカード払いであれば
クレジットカードのポイントが貯まります。
必ず払う出費であれば、できるだけお得に支払いたいものです。

そこでポイント還元がいいクレジットカードで支払えれば、
その分お得になります。

誕生月など還元率が高くなるときと車検のタイミングが合えば、
さらにポイントが貯まります。

ポイント還元が高いクレジットカードはいくつかありますが、
還元率が1.0パーセントのクレジットカードでも、
車検代を10万円支払うと1,000円分のポイントが付くということです。

もちろん、ポイントが付いても使い道がなければ意味がありません。
還元率がよく、かつ自分の生活スタイルにとって
使い勝手がいいポイントが付くクレジットカードを選ぶといいでしょう。

車検代でカード払いできるのは車検基本料のみ(抜け道あり)

クレジットカード払いできるのは
車検基本料と部品費用であることがほとんどで、
法定費用はクレジットカード払いできません。

ただ、抜け道が1つあります。

法定費用もまとめてカード払いする方法もあります。その1つは「グー車検」です。

グー車検は全国どこからでも申し込むことができ、
依頼者の地元の提携業者へ車検を依頼します。

お金のやりとりは車検業者と直接するのではなくグー車検へ支払います。
クレジットカード払いを可としているため、
全国どこの提携業者であっても全額クレジットカード払いが可能です。

クレジットカード払いをするときの注意点

法定費用をクレジットカード払いできるお店は少ないですが、
全くないわけではありません。
ディーラーなどでもクレジットカード払いできることがあります。

ただし、全額クレジットカード払いができるお店は
車検基本料自体が高額であることが多いです。

指定のクレジットカードでなければいけなかったり、
クレジットカード払いの手数料がかかったりすることもあります。

クレジットカード払いを選ぶ理由

車検代を払う時に法定費用をクレジットカード払いにしたい
理由は2つ挙げられます。

1つはクレジットカードの分割払いを利用したい、
もう1つは車検代をお得に支払うためクレジットカードの
ポイントを付けたいという点です。

もしクレジットカード払いにしたい理由が
ポイント還元などでお得になるからなのであればよく考える必要があります。

高い車検代で法定費用を含むすべての金額にポイントが付くのと、
車検基本料と部品費用しかポイントが付かないけれど、
支払う合計が安いのはどちらがお得でしょうか。

法定費用分もポイント還元ができても、
車検基本料がそれ以上に高ければ意味がありません。

全額クレジットカード払いにすることだけにとらわれず、
トータルでどちらがお得かを比較するようにしましょう。

乗り換えは車検費用が定額のカーリースがおすすめ!

車検基本料と法定費用を合わせると
それなりの金額になりますので、
車検のたびに費用の工面で苦労することも多いですよね。

さらに部品交換や修理が必要になれば、
相場よりもさらに費用が高額になることもあります。

あまり車検費用が高くなる場合、このタイミングで車の乗り換えをする人も多いです。
せっかくなら、車検基本料や法定費用がすべて月々の料金にコミコミになっている
カーリースの利用がおすすめです。
カーリースなら車検が来るたびに大きな支払いをせずに済みます。

カーリースの料金にコミコミになっているのは、
車検基本料や法定費用などの車検に関係する費用だけではありません。

新車購入時に支払わなければならない
登録諸費用や自動車取得税、
毎年の自動車税も含まれています。

契約プランによっては、
オイル交換やタイヤ交換、バッテリー交換などの
メンテナンスサービスも契約内容に含めることが可能です。

カーリースを利用すれば
車に関係する支払いをフラットにでき、
家計のやり繰りが非常にしやすくなります。

さらに、税金の支払いや車検の手続き、
メンテナンスなどをカーリース会社にお任せできますので、
車の維持管理もとても楽です。

車にあまり詳しくない人でも安心して利用できるでしょう。

しかも、頭金は基本的に不要ですので、
無理のない負担で利用を開始できるというメリットもあります。

あなたは次回の車検のタイミングでの車の乗り換えを考えていますか?
もしそうであれば、楽しいカーライフを可能にする、
お得で便利なカーリースの利用も是非検討してみてください。

【PR】Dr.カーリースのお墨付き

【価格・手軽さ・信頼度】
コスモスマートビークル

年間3万台をカーリース契約を取り扱っているDr.カーリースのお墨付き!
コスモ石油の「コスモスマートビークル」

  • コミコミ月額でかんたん管理!
  • コスモ石油ならではのお得な価格で月2万円台~
  • 税金・メンテナンスなど維持管理もおまかせください!

 

詳細はコチラ