車検のお得情報

価格だけで選ぶのは危険!車検業者の比較ポイントを徹底解説

世の中にはたくさんの車検業者が存在します。
多すぎてどの業者を選んだらいいのかわからないですよね。

ですが、1つ覚えておいて欲しいのは
値段が安い、というだけで車検を選んでしまうと
思わぬ損をしてしまう可能性があります。

そこで今回は、車検業者を比較するポイントと
損をしない選び方を解説していきます。

[PR]あなたの格安車検はコチラ!

格安で車検を受けたい場合は、あなたの郵便番号を入力するだけで
一発で格安車検を検索できる
車検の比較&予約サイト【楽天車検】がおすすめ♪

コチラのリンクからサイトへ移動すると、
楽天ポイントがもらえちゃう特別なキャンペーンを受けることができます。

車検業者の種類別メリットとデメリットを比較!

まず、一口に車検業者といっても、
いろいろな種類があってそれぞれに特徴があります。

業者の種類別にサービスの特徴をご説明しますので、
メリットやデメリットを比較してみてください。

ディーラー車検:4万~10万円程度
車検専門店での車検:2万~6万円程度
民間整備工場での車検:2.5万~8万円程度
ガソリンスタンドでの車検:2万~6万円程度
[PR]安い車検店舗が見つかる。ポイントも貯まる。車検の比較&予約サイト【楽天車検】

車検は何年ごとに受けるの?有効期限や法的ルールを解説します!車検は何年ごとに受ける必要があるのでしょうか? サクッと知りたい人のために下の画像を参考にしてください。 この他にも、法...

ディーラー車検

自動車メーカーの正規ディーラーで実施する車検です。
扱うのが自社メーカーの車で、設備も充実していますので、
より正確な点検や整備を実施できます。

また、スタッフの質を全国で統一する
努力をしていますので、安心感があります。

部品交換の際にメーカー推奨の純正パーツを使用しますし、
点検整備が他業者よりも入念なため、料金は比較的割高となります。

料金の相場は法定費用+4万~10万円程度、
所要時間の目安は1日~3日程度です。

民間整備工場

民間整備工場は主に個人営業の整備工場で、
家族経営の小規模な所やたくさんのスタッフを雇っている所など
規模はさまざまです。

幅広い車種に対応でき確かな腕を持っている所もありますが、
平日しか営業していないのでやや不便です。

また、最新の機器に強くなかったり、
工場によって品質にバラツキがあったりするというデメリットもあります。

料金の相場は法定費用+2.5万~8万円位、
所要時間の目安は1日~3日程度となっています。

車検チェーン店

サービスを車検に特化した車検専門フランチャイズです。

専門の整備士が複数常駐していたり、立会検査を実施していたり、
無料保証を付けていたりして、ディーラー車検や民間整備工場などにはない
サービスを提供して差別化を図っています。

また、安さと速さも売りにしています。
車検のための点検整備や法定点検以外のことには
ほとんど対応できないのがデメリットです。

料金の相場は法定費用+2.5万~8万円程度、
所要時間の目安は30分~3時間位です。

カー用品店

大手カー用品も車検サービスを提供しています。

カー用品店には汎用部品の在庫が多くあるため
幅広い車種に対応できますし、料金も比較的リーズナブルなのが特徴です。
ボディーコートなどの特典が付く所もあります。

ただし、店舗ごとにスタッフの質やレベルに
バラツキがありますので注意が必要です。

料金の相場は法定費用+2万~6万円程度、
所要時間の目安は1時間~1日程度となっています。

ガソリンスタンド

ガソリンスタンドは身近なところにありますし、
24時間受付をしている店舗も多いので、手軽に利用できます。

また、車内清掃や洗車、ガソリン割引などのサービスを付けてくれる場合もあります。

ただし、提携先の整備工場や下請け工場に回す場合が多いので、
比較的時間がかかり、整備の信頼性という点でもやや不安があるのがデメリット。

料金の相場は法定費用+2万~6万円位、
所要時間の目安は3時間~3日程度です。

車検の相場ってどれくらい?かかる税金と支払い疑問を解決しよう!車検でかかる費用の相場ってわかりませんよね。 車を持つと定期的に車検の時期がやってきますので、 その相場を知っておくことは損しない大...

大手チェーン店のサービスや費用を徹底比較!

車検や必要最低限の法定点検を実施してもらうという点で、
車検チェーン店には多くのメリットがあります。

料金が安くスピーディーですし、
車検専門ということもあり安心して点検整備を受けられます。

しかし、それぞれの特徴などは比較する機会がないので
知らないと思います。

そこで、全国規模で展開する大手車検チェーン店の
サービスを比較してみましょう。

また、軽自動車の車検料金の見積もり額も載せますので、
費用を比較する際の参考になさってください。

車検のコバック店舗数全国No.1(約440店舗)の車検チェーンです。「スーパークイック車検」(安さと最短30分で終わる速さを追求したプラン)、「スーパーテクノ車検」(60分からの短時間で簡単な整備や調整ができるプラン)、「スーパーセーフティー車検」(100項目の点検を実施することで予防整備ができる1日車検のプラン)と、豊富なプランを用意しているのが特徴となっています。軽自動車の料金は45,651円(税込)~となっています。
ホリデー車検全国に270店舗以上展開しています。入庫から車検終了まで最短60分で終わるスピード感や車検に立ち会って説明を受けられる安心感を提供しているのが特徴です。軽自動車の料金は42,270円(税込)~となっています。
アップル車検全国に約100店舗と上記2社と比較すると少なめですが、十分な実績がある車検チェーンです。「スピーディー車検」や「安心1日車検」など、ユーザーの希望に合わせてプランを選べます。また、基本点検項目以外はユーザーの了承なしには実施しませんので、安心できます。軽自動車の料金は50,050円(税込)~となっています。
[PR]安い車検店舗が見つかる。ポイントも貯まる。車検の比較&予約サイト【楽天車検】

費用を比較する時の注意点とは?

車検業者を比較する時には料金だけに注目しがちですが、
賢い業者選びには費用以外の部分にも
スポットを当てて比較するのが必要不可欠です。

見積もりの内訳

車検料金には、車検に通すために必要になる
法定費用や車検の代行手数料以外にも、整備料金が含まれています。

整備をどこまで実施してくれるのかは
業者やプランごとに異なりますので、比較してみることができます。

料金が割高でも整備の内容が充実していれば
納得がいくこともあれば、料金が安くても必要最低限の整備しかしてくれないので
不安に感じることもあるでしょう。

また、見積もりの内訳を見ると、
不要不急の部品交換が含まれていることに気づくことがあります。

費用を安く抑えたいのであれば、
そうした部品交換は見積もりから外してもらうよう頼むことができるでしょう。

所要時間

車検に出している間は車を使えませんので、
所要時間を比較することも大切です。

代車の確認

車検に1日~数日の時間がかかる場合、代車が必要になるかもしれません。
代車を利用できるか、有料か無料かを確認しておきましょう。

対応車種

車検業者の中にはハイブリッドカーや外車に対応していない所もありますので、対応車種も要確認です。

支払方法

法定費用は現金で支払うのが一般的ですが、
それ以外の部分はクレジットカードやローンで支払えるようにしている業者もあります。

車検の内訳公開!基本料と法定費用はクレジットカードで支払える?車検費用の内訳を大まかに2つ、 車検基本料と法定費用です。 では、車検基本料と法定費用の 具体的な中身はどんな費用が含まれてい...

車検の内訳公開!基本料と法定費用はクレジットカードで支払える?

車検見積もりの重要性

車検を行うに際しては見積もりを取ることが大切です。

見積もりを取ると自分の車に必要な整備内容がはっきりし、
車検にかかる費用の内訳を掴めるようになります。

業者任せにせず、自分自身でしっかりと車検の実施内容、
金額を確認しておけば、本来必要のない整備をすることもなくなり、
車検の費用を抑えることにつながります。

>>車検代を安く抑える方法!値段の決まり方からわかる損しない戦術!

車検の見積もりは複数の業者からとるのが基本です。
比較検討することによって平均的な車検料金を把握するとともに、
金額の差がどこにあるのか、高くなっている原因は何か、
またその実施内容は絶対に必要なものなのかなどの判断がつくようになります。

業者によっては時期によって金額が変動する場合もあります。
早期に予約すれば、いわゆる早割制度が用意されている場合もあり、
できるだけ早く予約したほうが安くなる傾向もあるようです。

そういった面も考慮に入れながら、必ず複数の業者から見積もりを取り、自分が車検を実施する時期に最適な業者を見つけてください。

とにかく安い所に頼むべき?選ぶ際のポイント

では、車検は単純に料金が安いところに
頼むのは賢明だと言えるのでしょうか?
格安でも以下の2つのポイントを考慮することが大切です。

料金の内訳

車検料金の主な内訳は以下の3つです。

  • 法定費用
  • 車検基本料
  • 修理や部品交換などの整備料

各車検サービス会社がホームページなどに掲載している料金は、
このうち車検基本料です。

ちなみに、法定費用や整備料は車によって異なりますので、
明確に料金を表示することはできません。

車検基本料とは、
整備が必要な箇所を見極める点検料、
法定24ヶ月点検料、
車を検査場に持って行って車検に通す代行料のことを指す場合が多いです。

ところが、車検サービス会社によっては、
法定24ヶ月点検料がその中に含まれておらず別途料金が発生したり、
「登録事務手数料」などの名目で車検基本料とは別にお金がかかったりします。

そのため、車検基本料の料金表示が安いところでも、
実際には他の料金が別途上乗せされて割高になってしまうことがあります。

整備の内容

車検サービス会社が実施する整備には、
おおまかに言うと以下の2種類があります。

  • 車検に通すためだけの整備
  • 安全に長く車に乗るための整備

格安料金の車検サービス会社は、
車検に通すためだけの整備を実施します。

料金が安いですが、次の車検までにもしかすると
何らかの不具合が生じるかもしれません。

「とにかく安いところに依頼したい」、
「近いうちに車を手放すので余計なお金は掛けたくない」という方向けです。

安全に長く車に乗るための整備とは、
車検には必ずしも必要のないメンテナンスや部品交換もして、
車を万全な状態にするための整備です。

ディーラーなどはこうした整備をします。

故障のリスクを最小限にできて
安心感を得られるというメリットがあります。

デメリットは、
料金が高めであるという点と過剰整備をされる可能性がある点です。

整備の内容は、単純に上記の2種類に分けられる訳ではなく、
その中間くらいの整備を実施するところもあります。

いずれにしても、車検サービス会社を選ぶ際には、
単純に安いところを選ぶのではなく、整備内容についても確認することが重要です。

車検の見積もりの手順とポイント

車検では高額な出費が生じますから、
見積もりをとってどれくらいの費用になるかを前もって確認することが必要です。

楽天車検なら、地域や条件を指定した上で
複数の車検サービス会社の見積もりを一括で確認できます。

ただし、サイトで確認できる見積もりはあくまでも概算です。
そこで車検サービス会社を最終決定するのではなく、
あくまでも実車見積もりを依頼する
車検サービス会社を2〜3社に絞るために利用することをおすすめします。

実車見積もりでは、直接お店に車を持ち込んで、
どのような整備が必要になるのかを確認してもらいます。

その際には、車検証および定期点検整備記録簿などを持参しましょう。

一通り確認作業が終わったら見積書を発行してくれます。

もし見積書の内容で分からないことや疑問があったりするなら、
質問しておきましょう。

不要不急に思える部品交換が内容に入っていれば、
なぜそれが必要だと判断したのかを確認し、
場合によっては見積もりの内容から外してもらうことができます。

さらに、非常に見積額が安い車検サービス会社には、
なぜ、他の会社と比べてそこまで価格を抑えられるのかを確認しておきましょう。
最終的に比較検討して依頼先を決定するというのが理想的な流れになります。

ちなみに、見積もりの金額と実際の請求金額が
大きくことなることは通常ありませんが、
作業が始まって点検整備のために車を分解する流れの中で、
追加の整備や部品交換が必要であることが判明する場合もあり、
その際には相談の連絡があるはずです。

車検にかかる時間や日数は?落ちた場合のルールや対処方を徹底解説車検は有効期限が切れるまでに受けなければいけません。 車検が切れてしまうとその車は公道を走れなくなってしまいます。 そこで気にな...

見積もり結果によっては乗り換えも検討しよう

いざ車検の見積もりを取っては見たものの、
思ったより車検費用が高かったということもあると思います。

特に年数を重ねた車は経年変化が避けられず、
あらゆる部分が劣化している可能性があります。

パーツ交換などが多数必要になり、
車検費用が高額になってしまうことが多いです。
これは走行距離が長い車も同様です。

現在では車の寿命は10年程度だといいますから、
新車購入後10年を超えた車はメンテナンスの手間や費用が
それなりにかかるようになってきます。

車検費用も車検の度に高額になっていく可能性も否定できません。

あまりに車検費用やメンテナンス費用が膨らむようであれば、
乗り換えという選択肢もあります。

乗り換え時かなと思いながら、
高い車検費用を払って車検を通した後に乗り換えるのは
車検費用がもったいないですよね。

しかし、いくら車検費用が高いといっても、
新車を購入するとなるともっと高額の頭金を用意しなければならない。
と、悩んでいるのであれば、最近話題のカーリースがおすすめです。

カーリースなら車両代金や自動車税などはもちろんのこと、
プラン内容によっては車検費用や各種メンテナンス費用も
月々の使用料にコミコミになっています。

車検や諸経費まで月額でコミコミに!

一般的な現金一括購入やオートローンに加えて、
近年では第3のマイカーの導入方法としてカーリースも定着してきています。

カーリースは月々の決まった料金のみで
新車をマイカーのように使用できるのが最大のメリットです。
通常新車購入の際に必要になる高額な初期費用は必要ありません。

カーリース会社が契約者の選んだ新車を購入し、
契約者は月々の使用料を払ってその車を使用します。

車の所有者はカーリース会社となるので、
新車の購入もカーリース会社が行います。

そのため、新車購入につきものの煩わしい各種手続きや、
税金の支払いもカーリース会社が代行してくれるので、
契約者はカーリース会社との契約を済ませたら後は乗るだけといった状態で
車の管理はかなり楽になります。

近年は地震や台風、大雨などの自然災害も増えていますし、
病気などで突発的にお金が必要になることもあるので、
車に関する出費だけでも一定に抑えられるのはかなり大きいのではないでしょうか。

車検を行う際には見積もりを複数の業者で行い、
比較検討することが車検費用を抑えるポイントです。

しかし、乗り換えが視野に入り始めた時期に、
車検の費用が予算よりも高額になるようでしたら、
まとまった初期費用が不要で新車の乗り換えが可能な
カーリースも検討してみてはいかがでしょうか。

【PR】Dr.カーリースのお墨付き

【価格・手軽さ・信頼度】
コスモスマートビークル

年間3万台をカーリース契約を取り扱っているDr.カーリースのお墨付き!
コスモ石油の「コスモスマートビークル」

  • コミコミ月額でかんたん管理!
  • コスモ石油ならではのお得な価格で月2万円台~
  • 税金・メンテナンスなど維持管理もおまかせください!

 

詳細はコチラ