【まとめ】2019年新春!!お得に契約できるキャンペーン情報【おすすめ3社】
KINTO

トヨタのカーリース?キント(KINTO)最新情報まとめ

愛車サブスクリプションサービスということで、2018年11月1日にトヨタから発表された新サービス「キント(KINTO)」
お客様と車の新しい関係を提案するサービスということですが、実際はどんな内容なんでしょうか。
現時点で判明している内容をまとめてみました。

更新:2019/01/03
トヨタが新しいコンセプト「クルマの時代から、もっと自由に移動を楽しむモビリティの時代へ。」を伝えるメディア「トヨタイムズ」を立ち上げました。
詳細へジャンプ!

 

ぶっちゃけ、キント(KINTO)はカーリース

サブスクリプション、モビリティ、コネクティッド…色々な横文字を使っていますが、基本的にはトヨタ公式のカーリースをはじめますというもの。
カーリース業としては後発にはなるが、トヨタというブランドがリードしていくということが重要としているようです。

トヨタの強みは、販売店さま。リアルで強固なネットワークを持っている」と語り、異業種参入の多いクルマの新しいサービスについてトヨタがリードすることが大切なのだという。(いろいろなクルマに乗ることができる「KINTO」)

 

サービス内容はすべて検討中

サービスは2019年に東京都でのサービステストを開始し、同年に正式スタートまで狙っているとのこと。
ただし、料金、選べる車種などはすべて「検討中」ということ。
今後は車種を絞り、ネッツトヨタやトヨペットというチャネルも廃止。
すべての店舗ですべての車種を扱うという方針があるところを見るに、キントについても全店で展開する予定だと思われます。

KINTOサービスの運営方法・形態などは、現在検討中で、’19年の開始当初は東京地区でトライアルを実施する予定とのこと。車種も未定だ。(「KINTO」は、月額定額で好きなクルマに乗れる)

 

ターゲットは若者、転勤族

ひとつの場所に定住するより、様々な場所で暮らすライフスタイルが広まる中で、とくに若者や転勤の多いサラリーマンにマッチするサービスを目指すとのこと。
具体的な話はやはり「検討中」とのこと。
ターゲットの需要を考えたら2〜3年周期のサービスになるだろうと予測が出ていますね。

 

安全運転でポイント付与

キントはコネクティッドを採用するということで、都内で展開する「Smart Drive Cars」のようにドライバーの実績によってポイントがつくそうです。
ポイントはおそらくamazonや楽天などのポイントに交換できるか、電子マネーとして使える可能性も。
メンテナンスや系列サービスのクーポンとして利用もできるようになるはず。
愛車を大事に、安全に乗り続けたユーザーに還元する。
これがポイント付与の背景にあると、豊田章男社長は述べていました。

クルマを愛車として大切に使うユーザーには、コネクティッド技術を活用した安全運転・エコ運転の度合いや販売店への定期入庫などをポイント化し、ユーザーに還元するプログラムも展開する予定だ。(「KINTO」を開始へ 2019年初め)

 

独自メディア「トヨタイムズ」を立ち上げ

トヨタがこれからのモビリティサービスを伝えていく独自メディア「トヨタイム」を立ち上げました。

更新は2019/01/01から。

さっそく豊田 章男(代表取締役社長)とイチロー選手、フリーアナウンサーの小谷真生子が本音で語るトーク動画をアップしてます。

今後、KINTOの詳細などもこちらでの発表が期待されます。

香川照之さんを編集長として起用するなど、トヨタの本気度を感じますね。
今後も気になる記事などあればこちらで紹介してきます!

 

キント(KINTO)の最新情報まとめ

キントについて、現時点でわかっていることをまとめます。

KINTO最新情報
  • トヨタが展開するカーリースがキント
  • 値段、車種などはすべて「検討中」
  • サービス開始は2019年
  • 東京地区でトライアルをする
  • 安全運転でポイント付与

今後もサービス開始まで最新情報を更新していきますので、お楽しみに!!

もしかして、いますぐカーリースをお探しですか?
プロの作った優良カーリース会社一覧んはコチラで確認できますよ!