カーリース

増税前がチャンス!!カーリースに乗り換えで最大9年間の節税に

Dr.カーリース
Dr.カーリース
こんにちは!
年間30,000台のリース契約にたずさわっているカーリースのプロ「Dr.カーリース」です。

2019年10月から8%の消費税が10%になることが決まりました。
首相、消費増税「予定通り」 19年10月に10%(日本経済新聞) 

そうなると、気になってくるのが車の乗り換えです。
各自動車メーカーが自動車税の引き下げなどを交渉しているようですが、どうなるかは未知数。

少なくとも、車両価格が150万円の車なら、増税前は120,000円の消費税でよかったものが増税によって150,000円になってしまいます。
それだけあれば、純正オプションを1つ増やせるし、そうでなくても月々の返済額は減りますよね。

ただ、150万円で購入できるのは軽自動車かコンパクトカーくらいです。
家族や家計のことを考えて、大き目のワゴンタイプやハイブリットカーにしようものなら、200万円、増税後の消費税はなんと200,000円です。

そして、自動車税は一時的に下がる可能性もありますが、実際にはどうなるかわかりません。
買ってから5年くらい経てば、シレッともとに戻ってしまう可能性だってあります。
増税の話は嫌なものです、今までと変わらず自動車に乗りたいだけなのに、支払が不安になったりイライラするのはつらいですよね。

そこで、1つの解決策。

2019年10月1日までにカーリースにしてしまうことです。

カーリースなら最大9年間増税を回避できる

なぜ、カーリースにすると増税を回避できるのでしょうか。
新車にお得に乗り換えながら、増税にも強いカーリースの秘密をお教えします。

 

カーリースは月額のみ!税金もコミコミ

カーリースの特徴は頭金0円、初期費用もほぼ0円で利用できること。
そして、月々の利用料にガソリン代以外のすべてを含めることができること。

【カーリースの月額に含まれるもの】
  • 登録諸費用
  • 車両代金
  • 税金一式
  • メンテナンス費用
  • 車検代
  • 任意保険(オプション)

これだけの費用がすべて含まれて、最大9年間乗り続けることができます。
おすすめは新車での契約ですが、一部中古車でのカーリースもあります。
>>中古車カーリースを安全に契約するならおすすめはココ!

本来であれば、年に一回の税金の支払い、2年に1回の車検、メンテナンス費用など、車の維持費はその月によって変動してしまいます。

出典:コスモマイカーリース

いっぽう、カーリースはガソリン代以外のすべての費用をコミコミにすることができるので、契約期間中の維持費管理がとてもかんたんになります。

出典:コスモマイカーリース

この、税金も月々の利用料に含まれていることが、税金回避のヒントになります。

 

増税なんて関係ない!利用料はず~っといっしょ

リース契約は料金が一定というのが売りになっています。
ですから、最大9年間料金はずっと一緒ですよ、というわけです。
もうお気づきですね?

カーリースは増税があろうと、利用料はずっと変わらない!!

なぜそうなるのか。
じつは、カーリースは月々一定の利用料を支払う必要がありますが、あなたに税金の支払い義務はありません。税金関係の支払義務はリース会社にあります。
それを月々の利用料としていただき、リース会社が税金を納めているんです。

そんなこと言って「増税したので利用料が上がります」なんて言われたら終わりじゃないか!!

確かに、その通りですね。
では、そこのところをリース会社に聞いてみました!!

 

実際に聞いてみた「増税後、利用料はどうなりますか?」

今回ヒアリングしたのは、私「Dr.カーリース」がおすすめしているリース会社2社

【ヒアリング2社】
>>コスモマイカーリース
>>マイカー賃貸カルモ
※クリックすると詳細ページへ飛びます(サイト内)

にメールで問い合わせをしてみました。
どちらにも同じ質問をしています。

【質問内容】

来年2019年に増税が予定されていますが、増税前と後では車の月額利用料は変わりますか?
そもそも、契約期間中に月額が変わる可能性ってありますか?

【コスモマイカーリースの回答】

契約期間中はご契約時の消費税が適用されます。
現時点でご契約された場合はリース期間中の消費税は8%の固定となります。
来年以降、税率変更後にご契約された場合は、リース期間中は変更後の税率が適用となります。
契約期間中に消費税率が上がったとしましても、リース料金に変更はございませんのでご安心くださいませ。

【マイカー賃貸カルモの回答】

変わる可能性がありますが、国税庁や財務省から確報が出ていないため現時点では未定です。
曖昧なご回答になり恐縮ですがご了承いただけますと幸いです

ふむ、ちょっと対応が分かれましたね。おそらく、カルモのほうは現在問合せ中、もしくは検討中といった感じでしょうか。

ただ、これ以外の各社でも利用料の変更は行わないと思いますので、それに習う形で利用料の増加は無しになる可能性が高いと私は見ています。

適当なこと言うなよ!なんで言い切れるのさ!

おっしゃる通りです!
では、その根拠をしっかり提示します!

 

利用料を変更するのにリース会社が負担するコストは、1件につき最低52,100円

リース会社が増税によって利用料を変更する場合、事前の告知や根回し、システムの変更、変更書類の準備など、リース会社に大掛かりな作業が必要になってきます。

そこにかかる人件費などの費用をザックリで計算すると、1件の変更を行うのに最低限必要なコストはザックリ最低でも52,100円!

コスモマイカーリースで言えば、利用台数が50,000台を突破しましたから、最低でも25億のコストがかかる大仕事になってしまいます。

【ザックリ、コストの内訳】
  • 人件費:38,400円
    (時給1200円×8時間×4日)
  • 変更書類1枚:200円
  • 郵送費(往復):1,000円
  • 変更の事前告知(TVやメディア告知)1件あたり:2,000円
  • 社内管理データの変更1件あたり:500円
  • 事務所光熱通信費用:10,000円

合計:52,100円

しかも、税金の支払義務はリース会社にあるのに、ユーザーに増額を提示するとなれば小規模では裁判も起きるでしょう。
クレーム対応、サポート窓口の設置、みえないコストはどんどん膨らむはずです。

そんなことになれば、通常の業務どころではなくなってしまいます。

しかも、ユーザーの評判はガタ落ち、契約数も減ってしまうでしょう。
本来、リース会社の狙いは気軽に乗り続けられることで、あなたに最大9年使ってもらう。
そして、そのあともまたリースを組んでもらうことです。

継続してもらうことが目的なのに、クレームの来ることがわかってることはしませんよね。

 

だからこそ、今から乗り換えるならカーリースがおすすめ!

ただ自動車に乗るのに、税金など小難しいことまで考えることはありません。
気軽に、手軽に、月々一定額を支払うだけで車に乗ることはできるのです。

カーリースなら、それができます。
増税後も、一定の金額だけで乗り続けることはできます。

まずはDr.カーリースがおすすめする「コスモマイカーリース」、「マイカー賃貸カルモ」の2社から検討してみませんか?

【コスモマイカーリース】
ガソリン代も節約!メンテもワンストップの安心カーリースなら
特集ページ無料見積り

【マイカー賃貸カルモ】
キズや凹み返却時も安心の原状回復費用保証!
特集ページ無料見積り

【PR】Dr.カーリースのお墨付き

【価格・手軽さ・信頼度】
コスモスマートビークル

年間3万台をカーリース契約を取り扱っているDr.カーリースのお墨付き!
コスモ石油の「コスモスマートビークル」

  • コミコミ月額でかんたん管理!
  • コスモ石油ならではのお得な価格で月2万円台~
  • 税金・メンテナンスなど維持管理もおまかせください!

 

詳細はコチラ

マイカー賃貸カルモ